このページの本文へ移動

熊野町の統計

沿革

 筆の都熊野町は、政令指定都市広島市、呉市、東広島市のほぼ中心に位置する海抜約250mの盆地である。1918年(大正7年)に町制を施行し、1931年(昭和6年)に本庄村(現呉市)の川角、平谷地区を編入し、現在に至っている。

人口

 2015年(平成27年国勢調査)の人口は23,755人で、2010年(平成22年)に比べ3.2%の減少となっている。

 世帯数は9,430世帯、人口密度は703.6人である。人口の推移をみると、戦前は7千人台で推移し、戦後は1947年(昭和22年)~1965年(昭和40年)は9千人台にほぼ定着していたが、1970年(昭和45年)~1975年(昭和50年)に2万人台に到達した。その後も増加していたが、2000年(平成12年)以降は減少傾向にある。

産業・観光

事業所:
 2016年(平成28年経済センサス-活動調査)の事業所数は751(事業内容等不詳を含む)、従業者数6,013人(男女別の不詳を含む)である。

農業:
 2020年(農林業センサス)の販売農家数は118戸である。経営耕地面積は64haで、うち田54ha、畑8ha、樹園地1haである。

商業:
 2016年(平成28年経済センサス-活動調査)の商店数(卸売・小売)は174、従業者数(卸売・小売)は1,107人、年間商品販売額(卸売・小売)は170億円で、うち卸売業7.2%、小売業92.8%となっている。

工業:
 2019年(令和元年工業統計調査)の事業所数(従業者数4人以上)は85、従業者数は1,971人、年間製造品出荷額は256億円で、年間製造品出荷額等からみた主な業種はその他の製造業(主に筆関連製造業)(1位)、次いで輸送用機械器具製造業(2位)、金属製品製造業(3位)となっている。

観光:
 2019年(令和元年)の総観光客数は、174,326人。うち、筆の里工房へは、45,102人の来館者があった。また、毎年、筆の都熊野町が1年で最も賑わう「筆まつり」には、約50,000人の来場者があった。その他、全国書画展覧会など筆の都を感じることのできるイベントが1年を通して行われている。 

生活環境 教育・文化

住宅:
 2015年(平成27年国勢調査)の住宅に住む一般世帯は、9,322世帯、うち持家世帯81.3%、借家世帯17.3%、給与住宅世帯0.3%となっている。

水道:
 上水道、専用水道により給水しており、2020年(令和2年)3月31日現在、給水人口は21,648人、普及率は90.8%である。

下水道:
 2020年(令和2年)4月1日現在、排水人口は23,838人、普及率は90.68%である。

社会福祉施設等:
 保育所が3か所、認定こども園が3か所(保育所型1か所、幼稚園型2か所)、幼稚園が1か所あり、このほか、子育て支援の拠点施設としての「くまの・こども夢プラザ」内「子育て支援センター」、介護予防の拠点施設としての「地域健康センター」(3か所)、高齢者の活動拠点施設としての「老人福祉センター」、「老人集会所」および「コミュニティセンター」(14か所)がある。

学校教育:
 2020年(令和2年)5月1日現在、小学校は4校(公立4校)、児童数は1,264人。中学校は2校(公立2校)、生徒数は666人である。このほか、高等学校が1校(公立1校)ある。

社会教育施設:
 町の東部に東公民館、熊野団地内にくまの・みらい交流館、町の中心部に、町民会館(町公民館と老人福祉センターの複合施設)、中央ふれあい館があり、それぞれ特色のある活動を展開している。町民会館は800人収容のホール(ふでりんホール)を備え、文化事業が多彩に展開されている。各公民館では料理教室、青少年・婦人・高齢者教育、国際交流事業等が数多く開催されている。また、深原地区公園、町民グラウンド、町民体育館のスポーツ施設もあり、各種イベントが開催されている。

総合計画

 「第6次熊野町総合計画」を策定しましたをご覧ください。

統計情報

 統計情報ダウンロードを参照

このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 政策企画課

TEL/082-820-5634   FAX/082-854-8009

お問い合わせフォーム