このページの本文へ移動

軽自動車税について

■軽自動車税とは

 軽自動車税は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車(これらを「軽自動車等」といいます。)の所有者に課される税金です。

■税金を納める人

 毎年4月1日現在、主たる定置場(主に駐車する場所)が熊野町内にある軽自動車等を所有する人です。所有権留保付割賦販売の場合は、買主を所有者とみなします。

■税率

 車種、排気量等により税率が異なります。

■納税の方法

 毎年5月に熊野町役場から送付される軽自動車税の納税通知書により、納期限までに金融機関の窓口で納付してください。
 口座振替をご利用の場合は、納期限の日にご指定の口座から引き落とされます。

■お手続きを忘れずに

 軽自動車税は、4月1日現在、軽自動車等を所有する人に課されます。そのため、4月2日以降に廃車等をされた場合、その年度の軽自動車税は課税されますので、ご注意ください。
 車両を廃棄したり、売ったり、知人に譲ってしまうなどして、その車両をすでに所有していない場合でも、4月1日までに廃車等の手続きをしていないければ、引き続き軽自動車税が課税されます。盗難や紛失の場合や、事故に遭われて廃車手続きをせず廃棄した場合も同様です。
 また、軽自動車等を廃棄する際に、代理人に手続きを依頼する場合は、その代理人に廃車手続きを行ったか後日確認をしてください。

 車両を手放される際は、必ず廃車の手続きをしてください。

■軽自動車税の減免

 身体障害者等、または身体障害者等を介助するために生計を一にする方等が使用する軽自動車等については、減免される場合がありますので、納税通知書が届いたら、納期限の7日前までに申請手続きをしてください。
 ただし、減免は、身体障害者等1人につき普通車等を含め車両1台に限ります。

■納税証明書

【納税通知書で納付される方】

 金融機関の窓口で納付すると、納税通知書の下方にある「軽自動車税納税証明書(継続検査用)」に領収印が押されて返却されます。有効期限内で、領収印が押されてあれば、納税証明書として使用できます。

 4月1日現在で前年度以前の軽自動車税が未納の場合は、標識番号の欄に、車両番号ではなく、「****」と表示されており、証明書として使用できません。納税証明書が必要な場合は、未納となっている前年度以前分の軽自動車税を今年度分と併せて納付いただき、熊野町役場税務課で納税証明書の交付申請を行ってください。

【口座振替で納付される方】

 口座振替の場合は、口座から引き落とされていることを確認した後、6月中旬に熊野町役場から納税証明書を郵送します。

【熊野町役場税務課窓口で請求する場合・郵送により請求する場合】

 熊野町役場税務課の窓口・郵送での納税証明書の交付申請方法については、「税務関係諸証明等の申請及び請求」のページをご覧ください。


関連情報

このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 税務課
TEL/082-820-5603   FAX/082-854-8009
E-mail/zeimu@town.kumano.hiroshima.jp