このページの本文へ移動

後発医薬品(ジェネリック医薬品)をご存じですか?

後発医薬品とは何ですか?

お医者さんでもらうお薬には、『先発医薬品』と『後発医薬品』の二種類あります。先発医薬品は、最初に発売されたお薬で、新薬とも呼ばれています。後発医薬品は、先発医薬品の再審査期間や特許期間(20~25年間)終了後に発売されるもので、同じ成分、同じ効き目の薬でジェネリック医薬品とも呼ばれています。

 

【ジェネリック医薬品と新薬の違い】

  ジェネリック医薬品 新薬

特許

なし

新薬の特許期間満了後に製造・販売されます。

あり

新しい薬には20~25年の特許期間があります。

価額

安い

開発費用が抑えられるため、安くなります。

高い

開発費用が多くかかるため、高くなります。

 

後発医薬品は安心なのですか?

後発医薬品は、先発医薬品と同様に様々な基準を守って製造されています。後発医薬品の品質・有効性・安全性については、厚生労働省で審査されております。服用にあたってご心配なことがあれば、お医者さん、薬剤師さんにご相談してみてください。

 

後発医薬品にはどんなものがあるの?

高血圧、糖尿病、高脂血症の治療薬や抗生物質、抗がん剤、抗アレルギー剤など数多くあります。しかし、お薬の種類によっては後発医薬品がない場合もあります。

 

後発医薬品はどうすれば処方してもらえるの?

医療用医薬品はお医者さんの処方箋が必要です。個々の処方箋に対して変更しても良いか、お医者さんが判断します。その後に処方箋をもらい、保険薬局へ持っていきます。薬剤師さんと話し合って、先発医薬品と後発医薬品について、それぞれの特徴や価額などの説明を受けましょう。そのうえで、患者さんは薬剤師さんの説明を参考に、自分にあったお薬を選択できます。ただし、後発医薬品がないお薬があったり、お医者さんの治療方針で、後発医薬品を使わない場合もありますので、ご留意ください。

 

ジェネリック医薬品チラシ

 

 

このページに関するお問い合わせ

熊野町住民生活部 税務住民課 戸籍住民グループ・保険年金グループ

TEL/082-820-5604   FAX/082-855-0155

お問い合わせフォーム