このページの本文へ移動

成人男性の風しん抗体検査および予防接種

【重要なお知らせ】令和7年3月31日まで事業を延長します。

風しんの予防接種は予防接種法に基づき、子どもを対象に公費(無料)で行われています。

しかし、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、これまで公的な予防接種を受ける機会がなかったため、抗体保有率が他の世代に比べて低くなっています。

そこで、この世代の男性の抗体保有率を引き上げるため、令和4年3月31日までの間に限り、この世代の男性に対して無料で抗体検査と予防接種(十分な量の抗体がない方のみ)を実施していました。

 

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響等により、目標の受検者数に達さないことから、令和7年3月31日まで事業を延長し実施します。

この機会にぜひ風しん抗体検査と予防接種を受けましょう!

風しん対策を実施する理由

風しんは、感染者の飛沫などによって感染し、感染すると、発熱、発疹、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。

大人は子どもよりも重症化しやすく、まれに重篤な合併症を併発することがあります。

また、妊娠初期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。

ご自身やご家族はもちろん、将来生まれてくる赤ちゃんを風しんから守るため、社会全体で風しん予防に取り組む必要があります。

対象者

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の期間に生まれた男性

注:昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの方には令和元年7月に、昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの方には令和2年5月 

  に無料のクーポン券を送付しています。

  既に送付しているクーポン券は有効期限が過ぎていますが、そのままお使いいただけます。

費用

クーポン券の使用で無料になります。

抗体検査・予防接種の流れ

クーポン券が届きます。(令和元年7月または令和2年5月に発送済み)

     ⇩

クーポン券を利用し、まず医療機関・健診会場などで抗体検査を受けることができます。

     ⇩

抗体検査の結果、抗体が基準値以下の人は、医療機関で予防接種を受けることができます。

必要な持ち物

◯「抗体検査」を受験する場合

 クーポン券・受診票・本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)を持参してください。

◯「予防接種」を受ける場合

 クーポン券・本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)・抗体検査結果通知

抗体検査・予防接種を受けられる場所

児玉クリニック(抗体検査のみ)  在宅療養支援診療所りんりんクリニック(往診者のみ)  藤田小児科医院  宗盛医院  大瀬戸内科  片山医院   はまもと皮ふ科(抗体検査のみ)  豊田レディースクリニック   梶山医院
注:その他、受診できる医療機関等のリストは、厚生労働省HPに掲載しています。

クーポン券の再発行

クーポン券を紛失された方(再交付)や、転入により熊野町が発行するクーポン券が必要になった方は、以下の方法でお手続きください。

◯窓口で手続きを行う場合

 健康推進課にクーポン券再発行申請書をお持ちください。

 (注:窓口でも記入していただけます。なお、申請書は以下よりダウンロードできます。)

 申請受付後にご自宅へクーポン券を郵送します。即日発行は出来かねますのでご了承ください。

 

◯郵送により手続きを行う場合

 申請書(以下よりダウンロードできます)に必要事項をご記入いただき、健康推進課へ郵送してください。

 注:送付先:熊野町健康福祉部 健康推進課

   住 所:〒731-4292 安芸郡熊野町中溝一丁目1番1号

有効期限の変更について

お送りしたクーポン券(無料)の有効期限が変更となりました。

表記されている有効期限は過ぎていますが、令和7年3月31日まで使用できます。

 

このページに関するお問い合わせ

熊野町健康福祉部 健康推進課

TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009

お問い合わせフォーム