このページの本文へ移動

後期高齢者医療制度の資格について

1.対象となる人(被保険者)

 ○ 広島県内に居住する次の人です。
  ・ 75歳以上の人
  ・ 65歳以上75歳未満の一定程度の障害がある人で、申請により広域連合の認定を受けた人(障害認定)
 ※ 後期高齢者医療制度への加入後は、これまでに加入していた国民健康保険や被用者保険の被保険者ではなくなります。

 

2.対象となるとき

 ○ 75歳の誕生日を迎えたとき(手続きは不要)
 ○ 75歳以上の人が、広島県外から転入してきたとき
 ○ 65歳以上の人が、申請により広域連合から障害認定されたとき
 ○ 75歳以上の人が、生活保護を受けなくなったとき

 

3.被保険者証(保険証)

 ○ 1人に1枚交付
  ・ 75歳になられる人には、誕生日の前月中に郵送しますので、誕生日からご使用ください。
  ・ 障害認定の人には、認定後すみやかに郵送します。

 ○ 住所異動された人
  ・ 住所異動手続きの約1週間後に郵送します。
  ・ 1週間以内に受診予定のある人は、窓口に申し出ください。

 ○ 定期更新
  ・ 毎年7月下旬に新しい保険証を郵送しますので、8月1日からご使用ください。

 ○ 再交付
  ・ 失くしたり、破れたりしたときには、再交付しますので、窓口に申し出ください。

 ○ 提示
  ・ 病院等で診療を受ける際には、必ず提示してください。

 

4.一部負担金の割合(病院等での窓口負担)

 ○ 割合は「1割」または「3割」です。

 ○ 毎年8月1日付けで更新します。
  ・ 前年の所得状況により、8月1日から翌年の7月31日まで間の判定をします。

 ○ 3割の人(現役並み所得者)は、次のどちらかに該当する人です。
  ・ 市町村民税の課税所得が145万円以上の後期高齢者医療制度の被保険者
  ・ 上記の被保険者と同じ世帯の後期高齢者医療制度の被保険者

 ※ 「3割」から「1割」に変わる人
   3割に該当する人でも、収入状況が次のいずれかに該当する人は、「基準収入額適用申請」をすることにより1割になります。
 ○ 同一世帯に後期高齢者医療制度の被保険者が1人の場合
  ・ 被保険者の総収入が383万円未満
  ・ 総収入が 383万円以上であっても、同一世帯内に70歳以上75歳未満の世帯員がいる場合は、その世帯員の総収入を含めた総収入の合計額が520万円未満
 ○ 同一世帯に後期高齢者医療制度の被保険者が2人以上いる場合
  ・ 被保険者の総収入の合計額が520万円未満

このページに関するお問い合わせ

熊野町住民生活部 税務住民課 戸籍住民グループ・保険年金グループ

TEL/082-820-5604   FAX/082-855-0155

お問い合わせフォーム