このページの本文へ移動

不妊治療支援事業

不妊治療支援事業

平成28年4月から熊野町で不妊治療支援事業を開始します。
不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、高額な医療費がかかる、配偶者間の体外受精、顕微受精に要する費用の一部を助成する制度です。


助成を受けることができる人

体外受精及び顕微授精による不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと指定医療機関に診断された戸籍上のご夫婦で、つぎに掲げる条件をすべて満たす方。
(1) 広島県不妊治療支援事業の承認をうけていること。
(2) 平成28年4月1日以降に開始された治療であること。
(3) 申請時点で夫又は妻のいずれかが熊野町内に居住していること。
(4) ご夫婦の前年の所得(1月から5月の申請については前々年の所得)の合計額が730万円未満であること。(注1)
(5) 町民税等の滞納がないこと。
(6) 指定医療機関で受けた治療であること。(注2)
 (注1)所得の範囲及び計算方法は、児童手当法施行令を準用します。
 (注2)指定医療機関とは、広島県等が指定した医療機関です。

助成の内容

対象となる治療に要した費用に対して、1回の治療につき15万円まで,ただし採卵を伴わない治療は、1回の治療につき7万5千円まで助成します。
ただし、熊野町以外から助成を受ける場合は、助成の額の合計が治療に要した費用を超えない範囲で助成します。

助成回数
 

初回治療開始年齢(妻の年齢) 助成回数
40歳未満 43歳になるまでに通算6回
40歳以上43歳未満 43歳になるまでに通算3回
43歳以上 対象外

申請方法

治療が終了した翌日から起算して2か月以内に、次のものをそろえて熊野町役場 子育て・健康推進課で手続きしてください。

(1) 不妊治療費助成申請書(熊野町のもの)
(2) 広島県の不妊治療支援事業申請書の写し
(3) 広島県の不妊治療費助成申請に係る証明書(医師の診断書)写し
(4) 住民票
(5) 戸籍謄本
(6) 夫及び妻の所得額を証明できる書類
(7) 不妊治療の領収書の写し
(8) 振込先となる申請者名義の預金通帳の写し
(9) 印鑑
(10) 広島県不妊支援事業承認決定通知書の写し
  
(4)~(6)は、広島県に提出したものの写しでも可。
(10)は、広島県からの決定通知書が届いてから「写し」を提出してください。

広島県の不妊治療費助成事業について
広島県でも助成事業を行っています。熊野町の助成と合わせて、治療費の範囲内で利用できます。

広島県ホームページ【不妊治療支援事業について】

詳しい内容については、広島県西部保健所 広島支所(電話)へお問合せください。


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp