このページの本文へ移動

不妊検査費助成事業

不妊検査費助成事業

平成28年4月から不妊に悩む方への新たな支援として、夫婦でいっしょに受けた不妊検査にかかる費用の自己負担分の一部を助成します。
不妊を心配している夫婦に対して、早期に適切な治療の開始につなげることを目的とします。

「もしかして不妊かも」とお悩みの方は、まずは夫婦で一緒に不妊検査からはじめてみませんか?

助成対象

次のすべてに該当すること

(1) 法律上の夫婦がともに不妊の検査を受けた場合で、検査開始時の妻の年齢が35歳未満の人
(2) 夫婦が異なる医療機関で受けた場合も可能。ただし、どちらか一方の検査開始から概ね3か月以内にもう一方の検査を開始した場合であること。
(3) 不妊症の診断を目的とする不妊検査で、平成28年4月1日以降に受診したもの(保険適用・適用外を問わず)
(4) 申請日に夫婦またはどちらかが熊野町内に住所を有していること
(5) 町民税等の滞納がないこと
(6) 広島県が実施する不妊検査費助成事業において助成決定を受けていること

助成内容

夫婦がともに受けた不妊検査にかかる自己負担分の2分の1(千円未満切り捨て。上限5万円)

助成回数

1夫婦1回限り(所得制限なし)

申請書類

【広島県が実施する不妊検査費助成事業】の申請後に、町へ申請してください。

(1) 不妊検査費助成申請書(熊野町のもの)
(2) 広島県の不妊検査費助成事業申請書の写し
(3) 広島県の不妊検査費助成申請に係る証明書(医師の診断書)の写し
(4) 戸籍謄本
(5) 住民票
(6) 不妊検査の領収書の写し
(7) 振込先となる申請者名義の預金通帳の写し
(8) 印鑑
(9) 広島県の不妊検査費助成事業助成決定通知書の写し

(4)~(5)は、広島県に提出したものの写しでも可。
(9)は、広島県からの決定通知書が届いてから「写し」を提出してください。

申請受付・申請期限
 

検査終了日の翌日から2か月以内に申請してください。
熊野町には、不妊検査後に治療を開始した方に対する【不妊治療費の助成】制度あります。

広島県ホームページには、県内の不妊検査実施医療機関の一覧も掲載されています。

広島県ホームページ【不妊検査費助成事業について】


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp