このページの本文へ移動

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

~通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)の交付~

 通知カード

   ※このカードは平成27年10月から随時、皆様に簡易書留で発送しました

    この通知カード及び交付申請書によりマイナンバーカードを申請することができます。

    カードを紛失した場合でもマイナンバーカードを申請することはできますので住民課窓口までお越しください。

詳細については、次の通りです。

********************************************

 ~マイナンバーカード(個人番号カード)について~

マイナンバーカードは、マイナンバー(個人番号)の提示と本人確認ができる唯一のカードです。     

 ・番号カード表(表) 番号カード裏(裏)
 マイナンバーカードの表面には顔写真、基本4情報、有効期限、裏面には個人番号、氏名、生年月日が記載され、ICチップが搭載されます。
 マイナンバーカードは公的な身分証明書として利用できるほか、公的個人認証(署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書)の機能が標準装備されます。

・署名用電子証明書は、確定申告等の電子申請手続きに利用できます。
・利用者証明用電子証明書は、国において様々な利用が検討されています。
※マイナンバーカードの取得は希望する方のみです。初回交付手数料は無料です。

※再交付の場合は、再交付手数料1,000円(電子証明書の機能を搭載しない場合は800円)

※有効期間について

  ・日本人、特別永住者、在留資格が永住者または高度専門職第2号の外国人

   ⇒(20歳未満の人)カード発行後5回目の誕生日まで

    (20歳以上の人)カード発行後10回目の誕生日まで

   ・在留資格が永住者または高度専門職第2号以外の外国人

   ⇒カード発行の日から在留期間の満了日まで

******************************************************************

☆マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法
 郵送による申請 ⇨ 通知カードに同封の「個人番号カード交付申請書」により申請することができます。交付申請書には住所、氏名、生年月日、性別があらかじめ印刷されています。必要事項を記入の上、顔写真を貼り付け、同封の返信用封筒に入れて郵送します。              

 ※交付申請書を通知カードから切り離して使用してください。通知カードはマイナンバーカードを交付する際に必要です。

 ※返信用封筒の差出有効期限が平成29年10月4日になっている場合でも、平成31年5月31日まで切手を貼らずにそのまま使用することができます。

 ※返信用封筒をお持ちでない場合は、次の送付先に書類を郵送してください。

  【送付先】 〒219-8732 日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号

        地方公共団体情報システム機構 個人番号カード交付申請書受付センター

 スマートフォン、パソコンを利用したWEB申請 ⇨ スマートフォンやデジタルカメラ等で顔写真を撮影し、申請書のQRコードなどで申請用WEB

サイトにアクセスして申請することができます。

******************************************************************

※交付申請書を使用しての申請する場合の注意事項

交付申請書は申請書IDで管理しているため、次の方は、今お持ちの交付申請書は使用できません。

 ・氏名、住所に変更があった方

 ・申請書を再交付した方

 ・在留期限の更新をした方

新たな申請書は、本人または同一世帯員が本人確認書類を持参の上、住民登録のある市区町村の窓口で受け取ることができます。

 

☆マイナンバーカード(個人番号カード)の交付
 申請された方に、ご案内(交付通知書)をお送りします。ご案内の届いた方は住民課の窓口へご来庁いただき、本人確認のうえマイナンバーカードを受領していただくことになります。


 *受取の際には次のものをお持ちください。

   ・「通知カード」

   ・運転免許証等の本人確認書類

   ・ご案内(交付通知書)

   ・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)


 また、カードを受領する際には「個人番号カード」用の暗証番号の入力が必要となります。
 なお、マイナンバーカードは、原則、ご本人が受取に来てください。

※マイナンバーカードは、申請から受取までに約1ヶ月かかります。

 平成31年3月からコンビニ交付が始まります。

 コンビニ交付にはマイナンバーカードが必要です。

 ********************************************************************************************************

  ~通知カードについて~

 ・通知カードは、紙製のカードで、マイナンバー(個人番号)をお知らせするとともに、手続きなどの際にマイナンバーを確認するためのものです。

 ・本人確認の書類としては使用できません。

 ・カードに有効期限はありません。

 ・通知カードは、マイナンバーカードの交付を受けるときに、返納していただきます。

 ・通知カードには数字12桁の個人番号と基本4情報(氏名・住所・生年月日・性別)が記載されます。

  なお、住所・氏名などが変わった場合は、窓口で通知カードの裏面に変更内容を記載します。

 ・通知カードは行政手続きやマイナンバーカードの申請に関して必要となりますので大切に保管してください。

******************************************************************

 通知カードを受け取ってない方

 通知カードは、簡易書留(転送不要)でお送りしています。ご不在等で受け取りができず、郵便局での保管期間が経過した場合は、住民課に返戻され、住民課において保管しています。

******************************************************************

 ★通知カードの受け取りについて

   ◎本人又は同一世帯員が来庁する場合

    本人確認書類(原本)

      運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(顔写真付き)、在留カード、特別永住者証明書、障害者手帳などの場合 1点

      健康保険証、介護保険証、年金手帳などの顔写真がない場合 2点(氏名及び生年月日、又は氏名及び住所の記載があるものに限る)

    

   ◎代理人が来庁する場合

    ・本人の本人確認書類(原本)

    ・代理人の本人確認書類(原本)

    ・代理人権限確認書類

       ⇒ 法定代理人 15歳未満の場合:戸籍謄本(本籍が熊野町の場合は省略できます。)

               成年被後見人の場合:成年後見登記事項証明書

       ⇒ 任意代理人 委任状

 

 ★通知カードの再交付について

   通知カードを紛失等した場合は、通知カードを再交付することができます。

   再交付を希望される場合は、住民課にて手続きをしてください。

   なお、自宅以外で紛失した場合は警察署に届出し、警察署の連絡先および受理番号の控えをご持参ください。

   ◎再交付に必要なもの

    通知カードの受取時と同じ書類

    ただし、同一世帯員は、「代理人が来庁する場合」と同じ書類をご用意ください。

   ◎再交付手数料

    1枚あたり500円

    ※再交付する通知カードは、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)で作成し、住民票の住所宛に郵送されます。そのため、受取まで

     に約1か月かかる場合がありますのでご了承ください。

******************************************************************

マイナンバー(個人番号)の詳細については・・・

内閣官房ホームページ
特定個人情報保護委員会ホームページ

・マイナンバーコールセンター
マイナンバー制度に関するお問い合わせはマイナンバーコールセンターまで
日本語窓口
 0570-20-0178 <全国共通ナビダイヤル>
外国語(英語)窓口
 0570-20-0291<全国共通ナビダイヤル>
営業時間
 平日9時30分から17時30分(土日祝日・年末年始を除く)

 


関連情報

このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 住民課
TEL/082-820-5604   FAX/082-855-0155
E-mail/jumin@town.kumano.hiroshima.jp