このページの本文へ移動

土砂災害から命を守る

 平成30年7月西日本豪雨では、7月6日、熊野町内でも各所で大規模な土砂災害等が発生し、12名の方が命をおとすなど、甚大な被害となりました。また、平成26年8月20日に広島市で発生した大規模な土砂災害では、70名以上の方が命をおとされています。

 自然災害はいつどこで発生するか分かりませんが、普段の備えや知識があれば、命を守り、被害を最小限に食い止めることが出来ます。 

知る

1 危険箇所を知る

 【ハザードマップ】 http://www.town.kumano.hiroshima.jp/www/genre/1526616612831/index.html

 【土砂災害ポータルひろしま】 http://www.sabo.pref.hiroshima.lg.jp/portal/top.aspx

 

2 状況の変化を知る

 【テレビの「d」ボタン】

 リモコンの「d」ボタンを押すと、雨量や警報等の発表状況・避難情報などを確認することができます。事前に熊野町を登録しておきましょう。

 【広島県防災Web】 http://www.bousai.pref.hiroshima.jp/hdis/

 【広島県防災情報メール通知サービス】 http://www.bousai-mail.pref.hiroshima.lg.jp/home.jsp

 【町公式SNS】
  熊野町公式Facebook:https://www.facebook.com/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E7%86%8A%E9%87%8E%E7%94%BA-2087908748104254/

 【ふでりんLINE】
 町のホームページに掲載した記事や町内放送など、様々な災害情報がふでりんからリアルタイムで届きます。
 ぜひ登録してみてください。
 
  登録方法 ⇒ LINEの友だち追加画面でIDに「@kumanochofuderin」と入力。詳しくはこちらへ
 
 

判断する

1 雨量

 大まかな目安として、時間雨量20ミリ・降り始めから100ミリを超えると、前兆現象が起こり始めます。

 【気象庁 雨の降り方と強さ】 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/amehyo.html

 

2 気象予警報

 「警報」は重大な災害が起こる恐れがある場合に発表されるものです。「記録的短時間大雨情報」や「土砂災害警戒情報」、「特別警報」は、より一層の警戒を呼び掛ける情報ですので、即座に身を守る行動をとるようにしてください。

 【気象庁 気象警報・注意報の種類】 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/warning_kind.html

 

3 避難情報

 災害が発生し、又は発生するおそれがある場合には、町長が災害発生のおそれの高まりの程度に応じて、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」を発令します。一人ひとりが適切な避難行動をとるためにこれらの違いをよく理解し、自らの身を守りましょう。
 避難情報の発令時は、防災行政無線や緊急速報メール(エリアメール)などでお知らせすると同時に、町のホームページにも掲載します。

【避難情報の概要】

種類 発令時の状況 避難行動
避難準備・高齢者等避難開始 避難勧告や避難指示(緊急)を発令することが予想される場合  お年寄りや体の不自由な方、小さな子供がいらっしゃる方など、避難に時間のかかる方は避難してください。
その他の人は、避難の準備を整えましょう。
避難勧告 災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合 

○速やかに避難場所へ避難しましょう。
○外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や、自宅内のより安全な場所に避難をしましょう。

避難指示 災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合 ○まだ避難していない人は、緊急に避難場所へ避難をしましょう。
○避難するための時間的な余裕のない方は、命を守るための最低限の行動をとりましょう。

【避難勧告等に関するガイドライン(内閣府HPより)】
http://www.bousai.go.jp/oukyu/hinankankoku/hinanjumbijoho/index.html  

 【電話音声案内サービス】
http://www.town.kumano.hiroshima.jp/www/contents/1351747544992/index.html

 町の放送が聞こえにくい時は、「082-820-5640」へ。放送終了後24時間以内の放送内容が確認できます。


 

 逃げる

1 避難場所

 町内には、9箇所の一時避難場所と、13箇所の指定避難所、5箇所の福祉避難所があります。いざという時にどこを目指して逃げるか、日頃からチェックしておきましょう。

 【避難所一覧】 http://www.town.kumano.hiroshima.jp/www/contents/1479448753856/index.html

 

2 屋外避難のポイント

◆夜間や浸水時の移動は避け、早めの自主避難を心掛ける(車は30cm、人は20cmの浸水で移動困難となる)。

◆山すそや川沿いの道は避け、広い道のあるルートを選ぶ。

◆水面下の側溝やマンホールに足を取られる恐れがあるため、棒などで確認しながら歩く。

◆家族や隣近所など、なるべく集団で避難する。また、お互いの体をロープで結ぶなど、はぐれないようにする。

◆高齢者や障がい者などの自ら避難することが困難な人(避難行動要支援者)に気を配り、早めに手助けをする。

◆土石流の危険箇所からは、流れる方向に対して直角に逃げる。

◆がけ崩れの土砂は、がけの高さの2倍程度にまで及ぶため、なるべく遠くへ逃げる。

 

3 屋内避難のポイント

◆周りに危険箇所が無くコンクリートの堅固な2階以上の建物であれば、高い階に避難(垂直避難)する。

 

最後に

 数十年に一度という豪雨に襲われると、土砂災害等、重大な災害が発生する恐れがあります。

 これまで災害が起こらなかったからといって、決して安全とは言えません。

 日頃から災害に備え、命と財産を守りましょう。


このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 危機管理課
TEL/082-820-5631   FAX/082-854-8009
E-mail/kiki@town.kumano.hiroshima.jp