このページの本文へ移動

児童扶養手当

児童扶養手当制度の目的

 父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進に寄与するため、児童扶養手当を支給し、児童の福祉の増進を図ることを目的としています。

支給要件

 日本国内に住所があって、次のいずれかに該当する児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者又は20歳未満で政令の定める程度の障害状態にある者)を監護している母または父、父母に代わって児童を養育している人に支給されます。

1 父母が離婚し、父又は母と一緒に生活をしていない児童
2 父又は母が死亡した児童
3 父又は母が政令で定める程度の障害状態にある児童
4 父又は母の生死が明らかでない児童
5 父又は母から1年以上遺棄されている児童
6 父又は母が1年以上拘禁されている児童
7 母が婚姻しないで生まれた児童
8 父・母ともに不明である児童(孤児など)

次のような場合は手当ては支給されません。

 児童が                                              

・父又は母の死亡について支給される公的年金給付又は遺族補償を受けることができる場合。

・児童福祉施設などに入所したり、里親に委託されている場合。
・父又は母に支給される公的年金給付の額の加算の対象となっている場合。

 

 父又は母、養育者が

・公的年金給付を受けることができる場合。(老齢福祉年金を除く。)
・婚姻の届出はしなくても、事実上の婚姻関係(内縁関係など)がある場合。

※公的年金を受給している場合、児童扶養手当額より年金額が低い場合は、その差額分の児童扶養手当が受給できます。

申請の時必要なもの

1 戸籍謄本・・・請求者(離婚の記載のあるもの、現在の戸籍が必要)及び対象児童のもの。
          ※申請から1ヶ月以内のもの
2 請求者名義の普通口座振込先がわかるもの(郵便局以外)
3 課税所得証明書(請求が1月から6月までは前々年の1月1日、7月から12月までは当年の1月1日の住所が熊野町にない方のみ必要です。)                                                                                                                         4 印鑑(インキ浸透印でないもの)
5 その他必要書類

 ※支給要件によって必要書類が違います。

手当の額 (平成28年4月~)

月額 全部支給  42,330円
    一部支給   9,990円~42,320円


第二子加算額   10,000円

   一部支給    5,000円~9,990円
第三子以降加算額 6,000円

  一部支給     3,000円~5,990円

 ※全部支給から一部支給の間の手当額は所得によって10円単位で決められています。

手当の開始
 請求のあった日の属する月の翌月から手当が開始されます。

支給月

 原則として、毎年4月、8月、12月にそれぞれ前月分までが支給されます。

所得による支給制限

 請求者及び同居している扶養義務者等の前年(1月から6月までに請求する人については前々年)の所得に応じて手当ての全部又は一部が支給されません。

所得制限

 

扶養親族等の数

 本人

孤児等の養育者

配偶者

扶養義務者

 

手当の全額を

受給できる方

手当の一部を
受給できる方

 

0人

  190,000

 1,920,000円

 2,360,000円

1人

570,000円

2,300,000円

2,740,000円

2人

950,000円

2,680,000円

3,120,000円

3人

   1,330,000円

3,060,000円

3,500,000円

4人

  1,710,000円

3,440,000円

3,880,000円

 

 

 

現況届

 

 児童扶養手当を受給している人(全部支給停止者も含む)は、毎年8月1日から8月31日の間に現況届の提出が必要となります。                
 これに基づき、その年の8月分から翌年7月分の手当て受給資格と所得適否について審査を行います。

 提出がないと支給を受けることができなくなりますのでご注意ください。

 


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp