このページの本文へ移動

「第5次熊野町総合計画 後期基本計画」を策定しました。

 熊野町では平成23年3月に「第5次熊野町総合計画」を策定し、将来像「ひと まち 育む 筆の都 熊野」の実現に向け、「こころもからだも健やかな『ひと』を育む熊野」及び「暮らしやすく、元気な『まち』を育む熊野」の2つの基本目標を掲げ、「地域力の強化」、「快適暮らしの創造」及び「筆の都の活性化」の3つを視点として、まちづくりを進めてきました。

 この総合計画は、本町の将来像とそれを実現するための理念や施策の大綱を示す「基本構想」と、前期・後期各5年間の施策の目的や方針などを示す「基本計画」で構成されています。

 前期基本計画の計画期間が平成27年度で満了したため、これまでの取り組みを検証するとともに、少子高齢化の進行、人口減少社会の到来など、社会情勢が大きく変化する中、新たな課題に対応し、まちの将来像の実現をより確かなものとしていくため、後期5年間(平成28年度から平成32年度まで)のまちづくりの方向性とその実現に向けた施策を示した「第5次熊野町総合計画 後期基本計画」を策定しました。

 後期基本計画では、地方創生への対応を踏まえ、定住・交流人口の増加を強力に推進するための新たな視点として、「ブランド戦略」を掲げています。「ブランド戦略」は、本町の特性、特長(ブランド)を活かし、まちの活性化と成長の好循環を実現させる取り組みです。

 


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 地域振興課
TEL/082-820-5602   FAX/082-854-8009
E-mail/kanko@town.kumano.hiroshima.jp