このページの本文へ移動

子育て世代「住むならくまの」定住応援助成金制度 【定住応援助成金】

子育て世代「住むならくまの」定住応援助成金制度とは
筆の都 熊野町が「子育て世代の定住化」を促進するため、町内で住宅の新築または、購入をされた方に助成金を交付する制度です。
平成28年度から開始され、平成30年度も引き続き実施します。

助成額

・住宅の取得費に2%を乗じた額(上限20万円)
・申込者世帯全員の前住所が広島県外の場合
 取得費に1%を乗じた額を加算(上限10万円)

対象者

交付を受けることができる方は、次の各号のすべてに該当する方です。

・平成31年3月31日までに町内に自ら居住するために住宅を新築または、宅地建物取引業者を介して購入しており、申請する日に現に居住している方。
・申請の日において、同居し、扶養する子がいない場合は夫婦ともに40歳に達していない世帯、又は、申請の日から最初に到来する4月1日において19歳に達していない子(住宅に居住するものが扶養しているものに限る。)と同居している世帯。
・住宅に居住する全ての者が市町村税等を滞納していない方。
・住宅の取得のため、金融機関等から住宅借入金等特別控除の適用となる住宅取得資金融資を受けた方。
・本町に定住の意思を持ち、5年以上居住することを誓約した方。
・暴力団員等でないこと。

対象住宅

対象となる住宅は、次の各号のすべてに該当したものとなります。

平成31年3月31日までに対象者等の名義で所有権保存または、移転登記をした住宅であること。
・対象者夫婦または、そのいずれかの名義(夫婦以外の方との共有名義では、夫婦の持分が3分の2以上であること。)で所有権保存または、移転登記をした住宅であること。
・住宅の用に供する建物で、居住面積(併用住宅においては店舗・事務所等の部分を除く居住部分の延床面積)70平方メートル以上であること。

助成金の交付申請

次に掲げる書類を添え、申請してください。

・世帯全員の住民票(続柄が省略されていないもの)
・住宅の新築額又は購入額が明記された契約書のコピー
  (土地代金を含んでいないこと。明記されていない場合は別途内訳書が必要です。)
・建物の登記全部事項証明書のコピー
・世帯全員(納税義務者のみ)の地方税の納税証明書
・居住用面積が明らかになる各階平面図のコピー
・定住誓約書
・建物の検査済証のコピー
・住宅融資を受けたことがわかる書類のコピー
・その他町長が必要と認める書類

その他

申請は、対象住宅を取得した日以降となります。
申請は、対象住宅を取得した日から1年を超えるとできません。
申請は、平成31年3月31日までに提出してください。
「子育て世代定住促進助成金」の申請をした世帯員は申請できません。
独立行政法人住宅金融支援機構のフラット35(子育て支援型)事業と協定を締結しました。詳しくは同機構のHPをご覧ください。
 

 

 


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町建設部 開発指導課
TEL/082-820-5638   FAX/082-854-8009
E-mail/kaihatsu@town.kumano.hiroshima.jp