このページの本文へ移動

生活にお困りの方のための相談窓口を開設しました

 この制度では、生活保護に至る前の段階の生活困窮者に対し、自立相談支援を実施することで、「困窮状況からの早期脱却」を図ることを目的にしています。

 

対象者

町内在住で経済的に困窮し、最低限度の生活の維持が困難な方が対象となります。(生活保護受給者は対象外となります。)

 

事業の内容

自立相談支援

生活に困りごとや不安を抱えている場合は、まずは相談窓口にご相談ください。相談支援員が生活上の問題や悩みを確認・整理し、どのような支援が必要かを一緒に考え、具体的なプランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

 

住居確保給付金

離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をすることを条件に、一定期間、住居確保給付金(家賃)を支給し、(給付額は世帯状況や収入状況により金額が異なります。)生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。

  

手続き方法

直接受付窓口(役場民生課)においでください。ただし、本人の体の具合が悪いなどで、お出でになれない場合は、ご連絡いただくか、事情のわかる方がおいでください。

 

受付窓口

熊野町役場1階 福祉事務所(民生課内)

 

受付時間

月曜から金曜日(祝祭日、年末年始は休み)

8時30分~17時15分  

 

根拠法令

 生活困窮者自立支援法(平成27年4月1日施行)

 

 外部リンク     

 厚生労働省ホーページ 生活窮者自立支援制度


このページに関するお問い合わせ

熊野町福祉事務所(民生課内)
TEL/082-820-5614