このページの本文へ移動

徘徊認知症高齢者等SOSネットワーク事業について

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気で、記憶障害や判断力の低下等が見られます。

認知症によって引き起こされる行動の一つとして、場所や時間の見当がつかなくなり、自宅に戻れなくなる「徘徊」があります。

こうした徘徊高齢者等が行方不明になった場合に、ネットワーク機関が情報を共有し、早期に発見して安全に保護するため、「徘徊認知症高齢者等SOSネットワーク」があります。

徘徊の恐れのある高齢者等の名前、特徴や写真などの情報をご家族の同意を得て、事前登録することで、行方不明時などに関係機関への情報発信が速やかに行われ、早期発見へとつながります。

●登録時:警察と情報共有を行います。

●行方不明時:捜索を行う場合は、協力機関に登録情報を提供します。

 

利用方法について

(1)事前登録

徘徊の恐れのある高齢者等の情報を事前に登録してください。登録に必要な様式は、下記からダウンロードしていただくか、または役場高齢者支援課の窓口でお渡ししています。

【登録に必要なもの】

・事前登録申請書(様式第1号)

・事前登録情報記入票

・本人の特徴がよくわかる写真(最新のもの)

・その他(本人に関する資料等)

 (2)行方不明時

まず警察へ届出を行ってください。※徘徊認知症高齢者等SOSネットワークに登録していることを伝えてください。

 (3)協力依頼

警察や家族から徘徊発生の連絡を得た福祉課から、必要に応じてSOSネットワーク協力機関に情報を発信し、協力を依頼します。

 (4)発見・保護

行方不明者を発見した場合、すみやかに警察や高齢者支援課へご連絡ください。


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町地域包括支援センター(熊野町おとしより相談センター)
TEL/082-820-5615   FAX/082-855-0155