このページの本文へ移動

出産育児一時金の支給(国民健康保険)について

 国民健康保険の被保険者が出産した時、世帯主の申請により出産育児一時金が支給されます。(妊娠12週以上の死産および流産を含む)

支給額

 一出産児ごとに420,000円(産科医療補償制度対象外出産は、404,000円。海外の病院で出産したときも404,000円)

 ※平成27年1月1日以降の出産が対象です。

直接支払制度

 医療機関で手続きをすることにより、出産育児一時金の受領を医療機関に委任し、出産された方は、退院時に出産育児一時金相当額を引いた額の出産費用を医療機関にお支払いいただく仕組みです。

 出産費用が、出産育児一時金相当額を下回った場合、役場住民課へ申請することにより、差額分の出産育児一時金が支給されます。

差額支給申請に必要なもの

  • 国民健康保険証
  • 印鑑
  • 世帯主名義の預貯金通帳
  • 医療機関等から交付される直接支払制度に関する利用合意文書
  • 医療機関等から交付される出産費用の領収書・明細書

 




このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 住民課
TEL/082-820-5604   FAX/082-855-0155
E-mail/jumin@town.kumano.hiroshima.jp