このページの本文へ移動

肝炎ウイルス検査はお済みですか?

 肝炎の感染に気がつかないまま放置すると、知らない間に病気が進展し、肝硬変や肝がんなどの重篤な症状につながる恐れがあります。
 少なくとも一生に一度は肝炎ウイルス検査を受けましょう!

ウイルス性肝炎って?

 ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスに感染して肝臓の細胞が壊れていく病気です。この病気になると、徐々に肝臓の機能が失われていき、ついには肝硬変や肝がんに至ることもあります。B型及びC型肝炎ウイルスの患者・感染者は、合わせて300万人を超えていると推定され、国内最大級の感染症とも言われています。

〔感染がわかったら?〕

 肝炎ウイルスに感染していたとしても、肝臓の状態は人によってまちまちです。まずは、専門医に相談してみましょう。

 


肝炎の検査を受けるには?

〔肝炎ウイルス検査ってどんな検査?〕
 肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、採血検査で判断します。採血だけなので短時間で済み、また、数週間で検査結果をお知らせできます。

〔検査はどこで受けられるの?〕
 検査を受診する機会は、以下のようなものがあります。すべて事前予約が必要です。 

 ・熊野町の住民健診(集団健診)
  申込み・問合せ先:熊野町 子育て・健康推進課  

 ・広島県が委託している医療機関での検診 

 ・保健所での検査
  検査日:毎月第2火曜日13:00~14:00(6月・12月はありません)
  検査結果通知:翌週火曜日
  検査場所:広島県庁農林庁舎1階 診察室(広島県西部保健所広島支所)
         (広島市中区基町10-52)
      申込み・問合せ先:広島県西部保健所広島支所 保健課
              (082-513-5526)

看護師

リンク


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp