このページの本文へ移動

新地方公会計制度に基づく財務書類の公表について

 現在の地方公共団体の会計制度は、現金主義・単式簿記による会計処理であり、その年度にどのような収入があり、どのように使われたのかという現金の動きがわかりやすい反面、これまで整備してきた資産や借入金などの負債といったストック情報、行政サービス提供のために発生したコスト情報などが把握しにくい面がありました。
 これらの不足している情報を補うため、発生主義・複式簿記などの企業会計的な手法を取り入れた「新地方公会計制度」に基づく財務書類を作成しましたので、その内容をお知らせします。

 熊野町では、総務省が示した2つの作成方式(基準モデル、総務省方式改訂モデル)のうち、基準モデルにより財務書類を作成しています。

 なお、「新地方公会計制度」では、平成26年4月に「今後の新地方公会計の推進に関する研究会報告書」が公表され、これを受けて、総務省では、固定資産台帳の整備と複式簿記の導入を前提とした「統一的な基準による財務書類」の作成要領が示され、平成29年度(平成28年度決算)までに、全ての地方公共団体で「統一的な基準による財務書類」を作成するよう要請されています。


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 財務課
TEL/082-820-5632   FAX/082-854-8009
E-mail/zaisei@town.kumano.hiroshima.jp