このページの本文へ移動

被爆者健康手帳の交付

■被爆者健康手帳の交付

  被爆者健康手帳は、原子爆弾による被爆者であることを証明するものであり、また、健康状態をきろくする手帳でもあります。
  以下のかたが申請することができます。

1号 直接被爆者 原子爆弾が投下された時、該当地区で直接被爆したかた
2号 入市者 原爆が投下されてから昭和20年8月20日までに爆心地
から概ね2キロメートル以内の区域に立ち入ったかた
3号 死体処理及
び救護等従
事者
原爆が投下された際、又はその後において身体に原爆放
射能の影響を受けるような事情下にあったかた
4号 胎児 原爆が投下された際、上記1、2、3号被爆者の胎児であ
った者で、昭和21年5月31日までに出生したかた

 申請は、所定の用紙に必要事項を記入の上、役場民生課に提出してください。
 (申請書及び被爆申述書に、被爆事実を証明できる書類を添付)
 なお、審査・調査は広島県が行います。

住所や名前を変更したときは、手続きが必要です。
また、手帳や手当証書をなくしたり、破れたりしたときは、再交付が受けられます。

 

詳しくは広島県ホームページ「原爆被爆者援護のしおり」をご覧ください。

 


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 民生課
TEL/082-820-5635   FAX/082-855-0155
E-mail/minsei@town.kumano.hiroshima.jp