このページの本文へ移動

東日本大震災支援対策に係る熊野町の取り組みについて

3月11日に発生した東日本大震災に対して、これまで町が取り組んできた状況をお知らせします。

 

 

1 東日本大震災支援対策本部

 (1)設置

     平成23年3月15日

 (2)設置目的

     支援対策にかかる必要事項の決定及び連絡調整

 (3)本部構成員

     本 部 長   町長

     副本部長   副町長

     本 部 員   教育長、総務部長、民生部長、建設部長、教育部長、総務部次長、

            政策企画課長、熊野町社会福祉協議会事務局長

                         (事務局 総務部政策企画課)

 (4)会議開催状況

     3月15日の第1回会議から8月1日まで、10回の会議を開催しました。

 (5)解散

     当初の目的を達成し8月12日をもって解散しましたが、以降においても必要な支援対策は行います。

 

2 義援金
 (1)義援金箱の設置
   ・3月15日から 役場庁舎、町立図書館、及び公民館3館に設置しました。
   ・3月16日から 地域健康センター3館、町民体育館、筆の里工房に設置しました。(全10施設)
   ・義援金は逐次集計し、熊野町社会福祉協議会を通じ日本赤十字社等へ送金しています。
   ・義援金箱は、8月12日で終了しました。(熊野町社会福祉協議会では、その後も受付されます。)
   ・8月22日までに各取次場所で受け付けられた義援金の集計額は次表のとおりです。
 

取次場所

受付金額

町内各公共施設

2,446,158円

社会福祉協議会

2,941,256円

自治会連合会

5,349,813円

合計

10,737,227円

※皆様のご協力ありがとうございました。

 (2)町からの義援金

   ・義援金3,000,000円を広島県町村会に送金(3月22日)しました。全国町村会を通じ、被災3県(岩手県、宮城県、福島県)に送金されました。

   ・1,000,000円を雄勝硯生産販売協同組合へ復興支援のために寄附(6月21日)しました。

 

 

3 被災者等の受け入れ

 (1)受け入れ施設の確保

   ・震災の影響等による被災者及び避難者の受入れ可能施設として、「コーポラス熊野」10室を確保しました。

   ・県営住宅を参考とし、照明器具、ガスコンロ、カーテンを町において設置しました。

   ・タオル、石鹸等、生活必要品において希望するものを支給することとしました。

 (2)受け入れ

   ・3月18日、福島県の被災者(1世帯2名)を受け入れました。

 

4 支援物資

 (1)町からの支援物資

   ・3月16日、町で備蓄していた次の物資を広島県防災拠点施設(三原市)へ搬送しました。広島県から被災地へ送付されました。

   ・乾燥米飯:200食、 乾パン:2,560食、 缶詰パン:480食

 (2)個人からの支援物資の受付、送付

   ・3月23日~3月30日の間、被災地からの要請に基づき、個人からの支援物資受付をしました。

   ・本町で受け付けた支援物資は、3月28日、4月4日の2回に分け広島県防災拠点施設へ搬送しました。広島県から被災地へ送付されました。

   ・受付状況は次表のとおりです。

品 目

数量等

梱包箱数

タオル

3,673枚

82箱

バスタオル

376枚

32箱

ミニタオル

504枚

7箱

飲料水

230本

35箱

下着

370枚

11箱

靴下

1,271足

18箱

肌着

829枚

26箱

保存食品

232品

16箱

合 計

7,485点

227箱



5 被災地への職員派遣

 (1)一般職員

   ・宮城県仙台市からの応援要請に応じ、一般職員を派遣しました。

    ・応急仮設住宅申請受付・審査等の業務に従事するものです。

   ・5月19日~6月18日 1名

 (2)保健師

   ・広島県へなされた応援要請に基づき、保健師を派遣しました。

   ・被災者を対象に避難所を中心として健康相談等を行い、住民の心身の健康増進を図る等の業務に従事するものです。

   ・4月30日~5月6日  宮城県気仙沼市へ1名

   ・6月27日~7月3日  福島県県郡山市へ1名

   ・7月19日~7月25日 宮城県気仙沼市へ1名

 (3)水道事業、下水道事業 

   ・水道事業において、要請に基づき派遣を決定しましたが、被災地での需要がなくなり、派遣直前で要請が解除されました。

   ・下水道事業において、派遣の要請がありましたが、被災地での需要がなくなり、要請が解除されました。

  

6 雄勝町への見舞い・訪問

  4月24日、25日に、副町長が熊野筆事業協同組合の職員と共に、本町と関わりの深い宮城県雄勝町(現在:石巻市に合併)を訪問し、雄勝総合支所において関係者(支所長及び雄勝硯組合理事長等)にお見舞いをしました。

 

7 被災地の児童・生徒に筆を送付(5月23日)

 (1)宮城県石巻市雄勝町    大小筆210セットを送付しました。

 (2)宮城県宮城郡七ヶ浜町   大筆1,500本を送付しました。

 

8 被災地支援コンサート[7月12日:熊野町文化団体連絡協議会主催(事務局;町)]

  被災地の子供たちの音楽活動を支援するため、町民会館で「花巻弁の語りとコンサート」を開催しました。

  コンサートは、花巻弁の語り手に花巻市出身の切り絵作家を、そして音楽はこの震災で被災されたフルート演奏家をお迎えして開催したものです。

  このコンサートの入場料(大人一人1,000円)の一部と、寄せられた楽器(クラリネット他)20点を寄附しました。


このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 地域振興課
TEL/082-820-5602   FAX/082-854-8009
E-mail/kanko@town.kumano.hiroshima.jp