このページの本文へ移動

住宅改修費支給

介護予防住宅改修費支給

住宅改修費支給

手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をする際、20万円を上限に費用を支給します。

住宅改修の内容

■廊下や階段、浴室やトイレなどへ手すり設置

■段差解消のためのスロープ設置

■滑り防止などのための床または道路面の材料の変更

■引き戸などの扉の取り替え

■洋式便器などへの便器の取り替え

■上記の改修にともなって必要となる工事

サービス費用のめやす

上限20万円で原則として改修は1回のみ

住宅改修支給申請の手順

住宅改修する際は、あらかじめ福祉課に申請書を提出し、審査を受ける事前申請制度が導入されています。

1 住宅改修についてケアマネジャー等に相談

利用者の心身の状態や日常生活の動線を考慮したうえで、医師や心理療法士などのアドバイスを受けながら相談します。

2 改修前の現地の確認

専門職および担当職員が現地でご利用者の身体や家屋の状況、日常生活の動線等を確認し、ご利用者に適切な住宅改修を行うよう指導していきます。

3 住宅改修費支給の事前申請

提出書類

・住宅改修支給申請書

・住宅改修が必要な理由書

・工事費見積書

・平面図

・改修前の写真(日付入り)

・住宅所有者の承諾書(改修の利用者と住宅の所有者が異なる場合に必要)

・ケアプラン

4 工事承諾書

5 施工・完成

6 改修後の書類の提出

提出書類

・改修後の写真(日付入り)

・住宅改修に要した費用の領収書

・工事内訳書

7 改修後の現地の確認

8 住宅改修費の支給

※償還払い・・・事業者に工事費用を全額支払っていただき、「領収書」を提出いただき対象工事費用の9割を返還します。(自己負担1割)


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 高齢者支援課
TEL/082-820-5605   FAX/082-855-0155
E-mail/korei@town.kumano.hiroshima.jp