このページの本文へ移動

筆づくり
1本の筆をつくるのに、どれくらいの時間がかかりますか? 

 1人の職人が1か月間につくる筆の数は、およそ1,500~2,000本です。職人は週に1~2日休みをとりますから、1日に直すとおよそ60~80本つくっていることになります。
 しかし、筆作りは1人の職人が1本目を完成させてから2本目を完成させるという作り方をしません。作ろうとする本数の筆の材料をまとめて仕入れ、穂首作り、軸作り、繰り込み、仕上げ、銘彫刻など、それぞれの工程を受け持つ職人が分業で作って行きます。ですから、1本の筆ができるまでの時間を正確に出すことができません。
 
※職人=身につけた技術でものを作る仕事をしている人。筆作りの仕事をしている人。











このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 地域振興課
TEL/082-820-5602   FAX/082-854-8009
E-mail/kanko@town.kumano.hiroshima.jp