このページの本文へ移動

4.原爆被爆者の利用料の減免

 被爆者手帳をお持ちの方が、介護サービスを利用したときの利用料については、公費助成制度等があります。

■公費助成制度の内容
対象サービス 支給対象経費 利用方法
訪問介護(所得制限あり    注1) サービスに要する費用の1割
(他の公的負担等がある場合はその額を減じた後の額)
被爆者健康手帳と被爆者訪問介護利用者助成受給者証を提示 注2
訪問看護 サービスに要する費用の1割 被爆者健康手帳を提示
訪問リハビリテーション   同上 同上
居宅療養管理指導 同上 同上
通所介護 同上 同上
通所リハビリテーション 同上 同上
短期入所生活介護 同上 同上
短期入所療養介護 同上 同上
介護老人福祉施設 同上 同上
介護老人保健施設 同上 同上
介護療養型医療施設 同上 同上
福祉用具貸与及び購入費(住民税非課税世帯の方) 福祉用具貸与・購入に係る利用者負担額の1/2相当額(年1回2万円が限度) (財)広島原爆障害対策協議会へお問合せください。(TEL082-243-2451) 
  注1 生活中心者が所得税を課せられていない世帯に属する人が対象となります。
  注2 訪問介護の助成を受けるには「被爆者訪問介護利用助成受給者証」が必要ですので、「介護保険の要介護認定等通知書」を添えて熊野町福祉課で申請を行ってください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 民生課
TEL/082-820-5635   FAX/082-855-0155
E-mail/minsei@town.kumano.hiroshima.jp