このページの本文へ移動

居住費及び食費の負担限度額

 施設サービスを利用している人の居住費や食費は施設との契約により決まり、施設により異なります。
 低所得の人が施設利用が困難にならないように、所得に応じた負担限度額までを自己負担し、残りの基準費用額との差額分は介護保険から給付されます(特定入所者介護サービス費)。

対象となる施設

 特別養護老人ホーム 介護老人保健施設 介護療養型医療施設
 短期入所生活介護(ショートステイ)

 

対象者

 次の(1)及び(2)の要件を満たす方が対象です。
 
 (1)本人、本人が属する世帯の世帯員及び配偶者(※1)が住民税非課税
 (2)本人及び配偶者の預貯金等(※2)の資産の額の合計が2,000万円以下
  (配偶者がいない場合は、本人の預貯金等の資産の額が1,000万円以下)
 
 ※1 配偶者が、別世帯の場合や内縁関係の場合でも含めます。
 ※2 預貯金等には、下表のものが含まれます。
 

預貯金等に含まれるもの

(資産性があり、換金性が高く、価格評価が容易なものが対象)

申請に必要な書類(例)

(価格評価は、申請日の直近2ヵ月以内の写し等により行います。)

預貯金(普通・定期)

通帳の写し

(金融機関名・支店名・口座番号・口座名義及び残高が確認できるページ)

有価証券(株式・国債・地方債・社債など)

証券会社や銀行の口座残高の写し

金・銀(積立購入を含む)など、購入先の口座残高によって時価評価額が容易に把握できる貴金属 購入先の口座残高の写し
投資信託 銀行、信託銀行、証券会社等の口座残高の写し
現金
 申請に当たっては、預貯金等の額を確認できる書類を提出してください。
 生命保険、自動車、腕時計、宝石など時価評価額の把握が難しい貴金属などは、預貯金等に含まれません。 
 

利用者負担段階と負担限度額

 負担限度額は利用者負担段階ごとに定められています。

 利用者負担段階ごとの対象者及び負担限度額は下表のとおりです。

利用者負担段階

対象者 負担限度額(日額)
居住費  食費
第1段階

・老齢福祉年金受給者

・生活保護受給受給者

多床室 0円  300円
従来型個室 (特養) 320円
(老健・療養) 490円
 ユニット型準個室 490円
 ユニット型個室  820円
 第2段階 ・合計所得金額と公的年金等収入額の合計が年間で80万円以下の者  多床室 370円 390円
従来型個室  (特養) 420円
 (老健・療養) 490円
 ユニット型準個室 490円 
 ユニット型個室 820円 
第3段階 上記第2段階以外の者  多床室 370円  650円
従来型個室  (特養) 820円
 (老健・療養) 1,310円
ユニット型準個室  1,310円
 ユニット型個室 1,310円

 ※上の(1)及び(2)の要件を満たさない方は、第4段階に該当します。第4段階は施設との契約により負担額が決まります。

 

申請の手続き

 介護保険施設を利用される前に熊野町高齢者支援課で申請を行ってください。
 申請内容を審査させていただいた後に、決定通知書と、対象者には「介護保険負担限度額認定証」を送付させていただきます。
 

申請に必要なもの

  〇負担限度額認定申請書
 〇同意書
 〇本人及び配偶者の預貯金等の金額がわかるもの
  (生活保護受給中の方は不要です。)
 
 ※配偶者の住所が本年1月1日現在熊野町でなかった場合のみ
 〇配偶者の住民税非課税証明書

「介護保険負担限度額認定証」の利用方法

  減額の対象となり、「介護保険負担限度額認定証」が届きましたら、必ず事業者に提示してください。  
 ※提示しないと受けられません。

 


関連情報

このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 高齢者支援課
TEL/082-820-5605   FAX/082-855-0155
E-mail/korei@town.kumano.hiroshima.jp