このページの本文へ移動

児童虐待防止ネットワークを設置しました

平成16年4月に児童福祉法が改正され、町も児童虐待の通告を受ける機関となりました。
熊野町では、児童虐待の防止・早期対応のため、熊野町児童虐待防止ネットワークを設置しました。

子どもの虐待って・・・
子どもの虐待は大きく分けて4つのタイプがあります。
【身体的虐待】
殴る、蹴る、溺れさせる、タバコの火を押し付ける、異物を飲ませる、戸外に締め出すなど。
【心理的虐待】
言葉による脅し、無視、きょうだい間の差別的扱いなど。
【性的虐待】
性的行為の強要、性器や性交を見せる、ポルノグラフィーの被写体にするなど。
【ネグレクト】
家に閉じ込める、食事を与えない、病気やケガをしても病院に連れて行かない、ひどく不潔なままにする、自動車内や家に置き去りにするなど。

虐待に気づいたら・・・
虐待を疑ったり、発見した時は相談窓口に連絡してください。
その情報が間違いであっても、責任を問われることはありません。
連絡された方の秘密は守ります。
【相談窓口】
熊野町民生課 TEL 082-820-5635
広島県広島こども家庭センター TEL 082-254-0381

相談(通告)したら・・・
相談(通告)があった場合、児童虐待防止ネットワークで情報収集し、対応を検討します。
関係機関と協議し、支援体制を作ります。

一緒に考えましょう
子どもの虐待の背景には、家族間の葛藤や子育てにおける孤立に加え社会的な要因などがあると言われています。
子どもの虐待は、どの家庭にも起こり得ます。
虐待をする親と子どもには周囲のあたたかい支えと適切な援助が必要です。
地域の中で親が安心して子育てできるように支援していきましょう。




このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp