このページの本文へ移動

広島県感染症拡大防止協力支援金(令和3年度第4期)について

 広島県では、新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う人流抑制の観点から、令和3年8月4日から令和3年9月12日を令和3年度第4期として、「期間の全日」において、県の要請に協力いただいた事業者に感染症拡大防止協力支援金(令和3年度第4期)が支給されます。

期間 日にち 対象エリア
期間A 8月4日~8月9日(6日間)
(県独自取組)
広島市、三原市、廿日市市
期間B

8月10日~8月19日

(10日間)(県独自取組)

広島市、三原市、廿日市市、呉市、尾道市、福山市、府中市
期間C 8月20日~8月26日(7日間)(まん延防止等重点措置期間) 広島市、三原市、廿日市市、呉市、尾道市、福山市、府中市、竹原市、東広島市、府中町、海田町、坂町
期間D 8月27日~9月12日(17日間)(緊急事態措置期間) 広島県内全域

対象者

次のいずれにも該当する飲食店が対象です。(期間C・Dの場合)
 1.飲食店の店舗が対象エリア内に所在していること。
 2.「広島積極ガード店」かつ「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」であること。
 3.飲食店営業許可(「1類」又は「3類」、又は喫茶店営業許可「1類」)を取得し、屋内に常設の飲食スペースを設けていること。
 4.要請前に「酒類の提供」、「カラオケ設備の提供」、「20時から5時までの間に営業を行っていること(閉店時間が20時以降であること。)」のうち、1つ以上を満たしていること。

支給要件

【期間D(緊急事態措置期間)】

期間の全日,酒類・カラオケ設備の提供を行わないことが要件となります。
 ・すべての日において、休業した場合のみ、休業申請となります。
 ・5時~20時までの時短営業(酒類、カラオケ設備の提供なし)を行った場合、時間短縮申請となります。
 注: 1日でも通常営業(20時を超えて営業)を行った場合には、支給できません。

 注:店舗営業を休業しても、テイクアウト・デリバリー等を行った場合は、時短営業扱いとなります。

支給額

【期間D(緊急事態措置期間)】

  【中小企業】 【大企業】
時短 3.5~9.5万円/日 最大19.5万円/日
休業 4.0~10万円/日 最大20万円/日

詳しくは、広島県ホームページ〈外部リンク〉でご確認ください。

問い合わせ先

広島県協力支援金センター

Tel:082-248-6851

開設時間:月・水・金(9時30分~20時) 
     火・木・土(9時30分~17時) 注:日、祝日を除く

このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 産業観光課

TEL/082-820-5602   FAX/082-854-8009

お問い合わせフォーム