このページの本文へ移動

交通死亡事故緊急抑止対策の実施について

 今年の県内における交通事故死者数については、2月までに8人の尊い命が失われており、その原因として飲酒運転による車両との衝突によるものもあるなど、予断を許さない状況となっております。
 こうした事態を受け、広島県警察では令和3年2月19日(金曜日)から交通死亡事故緊急抑止対策が実施されることとなりました。
 飲酒運転は、重大な交通事故に結びつく悪質で大変危険な行為です。運転者のみならず、被害に遭われた方やそのご家族の人生を大きく狂わせる結果につながります。
 一人ひとりが交通ルールとマナーを守り、交通安全を心掛けていただくようお願いします。

実施期間

 令和3年2月19日(金曜日)から28日(日曜日)までの10日間

広島県警察による抑止対策の内容

 1 飲酒運転の悪質性・危険性に関する広報啓発の推進
 2 横断歩行者に対する保護意識の醸成等に関する広報啓発の推進
 3 飲酒運転、速度違反等に対する交通指導取締りの強化

 

このページに関するお問い合わせ

熊野町住民生活部 防災安全課

TEL/082-820-5631   FAX/082-854-8009

お問い合わせフォーム