このページの本文へ移動

入院時の食事・居住費

入院したときは、医療費とは別に食費や居住費の自己負担が必要です。

 

1. 入院時の食費

区    分

食費(1食あたり)

 町民税課税世帯

460円

 町民税非課税世帯   低所得者2

210円

 町民税非課税世帯   低所得者2 長期入院該当者

160円

 町民税非課税世帯   低所得者1

100円

 

2. 療養病床入院時の食費・居住費

区    分

食費(1食あたり)

居住費(1食あたり)

  町民税課税世帯

460円

370円

  町民税非課税世帯 低所得者2

210円

370円

  町民税非課税世帯 低所得者1

130円

370円

  町民税非課税世帯 低所得者1 老齢福祉年金受給者

100円

  0円

※ 療養病床とは、症状は安定しているが長期の療養が必要とされる主に高齢者などの慢性疾患のために病院内に設けられた病床(病棟)のことです。
  医療保険が適用される医療型病床と介護保険が適用される介護型病床があります。
※ 療養病床でも、入院医療の必要性が高い方(人工呼吸器、静脈栄養等が必要な方や難病の方など)は、上記1の入院時の食費のみとなります。
※ 上記2の町民税課税世帯の1食あたりの食費は、保険医療機関の届出により420円の場合もあります。

 

3.後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証

  住民税非課税世帯に属する方が病院の窓口に「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することで、上記1・2の住民税非課税世帯の額が適用されます。
  住民税非課税世帯に属する方で「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」をお持ちでない方は、住民課の窓口で申請してください。

 ※ 「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示しない場合には、全て住民税課税世帯の自己負担が適用されます。
 

このページに関するお問い合わせ

熊野町住民生活部 税務住民課 戸籍住民グループ・保険年金グループ

TEL/082-820-5604   FAX/082-855-0155

お問い合わせフォーム