このページの本文へ移動

令和元年10月5日 赤羽国土交通大臣が大原ハイツの復旧状況を視察されました。

赤羽国土交通大臣が大原ハイツの復旧状況を視察されました。

 令和元年10月5日に、赤羽国土交通大臣が平成30年7月豪雨災害で甚大な被害を受けた大原ハイツの復旧状況を視察されました。
 私から大原ハイツの被災状況や新設避難路の整備、みなし仮設住宅への避難状況などを説明した後、県から災害関連緊急砂防工事の砂防堰堤2基及び急傾斜地崩壊対策事業1箇所の工事状況の説明を行いました。
 県が実施している砂防堰堤2基及び急傾斜地崩壊対策事業1箇所の工事は、堰堤の姿も目に見えて分かるようになっており、予定通り令和元年12月の完了に向けて着実に工事が進んでいます。

 

黙とうの様子 大臣への説明の様子 堰堤の施工状況

            黙とうの様子               赤羽大臣への説明の様子                堰堤の施工状況

 

 

熊野町長  三 村 裕 史


このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 総務課
TEL/082-820-5601   FAX/082-854-8009
E-mail/somu@town.kumano.hiroshima.jp