このページの本文へ移動

平成30年7月豪雨災害における在宅訪問活動について(8月21日)

7月25日から、町職員(保健師や熊野町地域包括支援センターの職員等)と三重県・秋田県から応援にきていただいた職員で自宅訪問を行っています。 

目的

・被災者などの心身の健康状態や福祉ニーズなどの把握
・健康相談
・関係機関と連携して必要な支援への結びつけ

訪問対象

 土砂被害を受けた地域や支援や配慮が必要な方の家庭など

早めに相談してください 

突然の大きな災害があった後には、「こころ」と「からだ」にいろいろな変化が起こります。
これらは「衝撃的な出来事へのごく自然な反応や症状」で、多くの場合は時間とともに回復しますが、出来事があまりにつらかったり、この苦痛がつらすぎる、長すぎると症状をこじらせ、日常生活に影響がでてきます。
ひとりで抱え込まず、在宅訪問活動でお伺いしたときや、町が実施する健康相談、相談窓口を利用して早めに相談しましょう。

相談窓口

熊野町民生部 子育て・健康推進課          電話082-820-5637
熊野町地域包括支援センター(民生部高齢者支援課内) 電話082-820-5615
 


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町 民生部 子育て・健康推進課/高齢者支援課
TEL/子育て・健康推進課820-5637/高齢者支援課(地域包括支援センター)820-5615