このページの本文へ移動

井戸を地域の皆さんで利用するための水質検査について

災害により、住民の皆さんが地域の遊休井戸等を飲用に活用(共助利用)しようとした場合、水質検査機関の協力により、無償で水質調査を行うことができます。

次の日時に、直接採取した水をご持参ください。事前申し込みは不要ですが、予定数量を超えた場合お断りする場合があります。

 

検査する水の提出日など

  提出日時 7月13日(金) 午前9時から午後1時30分まで

  提出場所 熊野町生活環境課

検査する水の採取に必要な容器

  1,000ml以上の密封できる透明な容器(ペットボトルなど)

  ペットボトルの場合は水、お茶が入っていたもの(ジュース等が入っていたものは避けてください)

水の採取方法 

  1、検査しようとする水を1分間以上流出させてください。

    「溜まり水」は、水質が悪化している場合があるので、水が入れ替わったのを確認してから採水してください。

  2、検査しようとする水で、両手をしっかり洗ってください。

  3、検査しようとする水で容器の内部および口の部分をよくすすいで、汚れを取り除いてください。また、洗浄後は、容器の口や内部を手で触らないでください。

   4、検査しようとする水を容器が満水になるまで入れ、水漏れしないように栓をしてください。

  5、できるだけ検査の受付日時の直前に採水してください。

採水時の注意(このような状態であれば、再度採水していただきます)

 〇栓で密封しておらす、水漏れの恐れがある。(容器の破損を含む)

 〇採水量が検査の1,000mlに満たない。

 〇容器内部の汚れが目視で確認できる。

 〇水の着色や濁り、浮遊固形物など明らかな異常が認められる場合

検査結果について

 検査結果が「飲用適」であった場合は、使用時の注意事項の説明と併せて、検査成績書と現地に掲示する表札等をお渡ししますので、指定する日時に生活環境課へ受け取りにお越しください。

 検査結果が「不適」であった場合は、検査依頼者に電話でその旨をお伝えします。

検査する方へのお願い・注意事項

   〇「共助利用井戸あります」の表札の掲示

 〇地域住民から問い合わせがあった場合には、所在地を情報提供します  

 〇水道法に準じた水質検査(水質基準項目(全項目))の調査は日数を要するため、今回の検査は緊急対応として11項目の検査となります。断水が解除された場合は、遊休井戸等の利用は控えるようにお願いします。

 〇水の使用において何らかの被害を生じたとしても、行政及び設置者はその責めを負いませんので、使用に関してはこのことを関係者に十分周知してください。

 〇外観(色、味、臭い、濁り)に異常がみられた時は、検査の結果によらず直ちに使用を中止し、役場に連絡して対応をお問い合わせください。

 詳しくは検査する際に提出する書類や注意事項をご覧いただき、了解のうえお申込みください。

 

 

 

           

 

 

 

 


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 生活環境課
TEL/082-820-5606   FAX/082-854-8009
E-mail/seikatsu@town.kumano.hiroshima.jp