このページの本文へ移動

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

この10年で70歳以上の高齢者数は1.3倍に、医療費は1.3倍になりました。
団塊世代が全員75歳以上になる2025年には、医療費の総額は61.8兆円にもなる見込みです。

国民皆保険を将来にわたって守り続けるため、法改正により、平成30年4月から、町と県で共同運営することとなりました。

 ※ 国民健康保険の窓口業務は、平成30年4月以降も引き続き町が行います。
  被保険者の皆さんが制度の見直しに関して、手続き等を行う必要はありません。

 

 変わること 1)国保加入者の資格管理
(被保険者の資格管理を県単位に変更)
(2)被保険者証の様式
(一斉更新日の変更、高齢受給者証との一体化等)
(3)高額療養費の多数回該当通算方法
(県内の住所移動であり、世帯の継続性が保たれている場合は
該当回数を引継ぐことができる)
 
変わらないこと

(1)国保の加入・喪失等の手続きに関すること
(2)出産育児一時金や葬祭費等の給付に関すること
(3)国保税の決定・支払いに関すること
(4)特定健診等の保健事業に関すること
 

  

広島県のホームページ

  「平成30年4月から国民健康保険制度が変わります」

      https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/258/seidokaisei01.html


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 住民課
TEL/082-820-5604   FAX/082-855-0155
E-mail/jumin@town.kumano.hiroshima.jp