このページの本文へ移動

けんこう通信 平成29年9月号 認知症の人が安心して暮らす町に

 

 認知症の人が安心して暮らす町に

集合している人たちイラスト

 熊野町は高齢化率(65歳以上の人口が総人口に占める割合)が34%を超え、3人に1人が高齢者の町となりました。高齢者の増加に伴い、認知症の人も増えると予測されていますが、厚生労働省が策定した、新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)では「認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す」ことを基本的な考え方としています。
 認知症の人を単に支えられる側と考えるのではなく、認知症の人が認知症とともによりよく生きていくことができる環境を整えることが必要とされています。

認知症を正しく理解しよう 

 9月21日は「世界アルツハイマーデー」です。また、9月を「世界アルツハイマー月間」として、認知症の理解を深める催しが世界各地で行われています。
   熊野町でも、認知症に関する本や町内での取り組みの紹介を図書館で展示します。ぜひお越しください。

●図書館展示期間  9月13日(水)~9月29日(金)(17時まで)

   今や認知症は誰もが関わる可能性のある身近な病気です。熊野町では、認知症の理解と関わり方を学ぶ「認知症サポーター養成講座」も開催しています。気軽にお問い合わせください。

早めに相談をしましょう

  認知症に関する心配事や困りごとがありましたら、早めに相談をしましょう。高齢者支援課では個別相談や家族支援などに対応しています。
 図書館での展示期間中にも、認知症に関する相談日を設けます。気軽にお立ち寄りください。

●図書館相談日
 日時 9月13日(水) 10時30分~正午
    9月28日(木) 14時~15時30分
 場所 熊野町立図書館(対面朗読室)

認知症予防とは…

 認知症予防のためにはバランスの良い食事や適度な運動、質のよい休養・睡眠などの健やかな生活が基本になります。子育て・健康推進課の「健康相談」や「けんこう華齢教室」などを積極的にご利用ください。
 家庭や地域での役割を大事にしながら過ごすことも認知症予防になります。地域とのつながりを大切にしている「認知症カフェ」も開催されています。ぜひ、お出かけください。
 認知症の人も安心して暮らすことができる、やさしい町づくりに努めましょう。
 

 


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 高齢者支援課
TEL/082-820-5605   FAX/082-855-0155
E-mail/korei@town.kumano.hiroshima.jp