このページの本文へ移動

体にやさしいレシピ~大豆と煮干しの田作り風~

大豆と煮干しの田作り風

 材料・4人分

大豆(水煮)・・・100g
食べる煮干し・・・25g
かたくり粉・・・大さじ1/2
サラダ油・・・小さじ1
(A)酒・・・大さじ1
(A)しょうゆ・・・大さじ1/2
(A)砂糖・・・大さじ1/2
みりん・・・大さじ1
ごま・・・小さじ1/2
【用意するもの】
ビニール袋・・・1袋
キッチンペーパー・・・1枚
 

下ごしらえ

♪大豆(水煮)・・・・キッチンペーパーで水けをふきとる。
          ビニール袋にかたくり粉と大豆を入れてよく混ぜる。
♪A・・・混ぜ合わせておく
 

作り方

1.から炒りする
フライパンを温め、煮干しをから炒りする(中火)。香りがたち、カリっとしたら一度キッチンペーパーの上に取りだす。
2.炒める
1のフライパンをさっと乾拭きし、サラダ油をひき、大豆を入れる。白色が薄茶色になるまで炒める。
3.仕上げ
2に1を戻し、Aを加えて煮詰める。汁けがなくなったらみりん、ごまを入れてさっとからめて完成。
 

★健康メモ★
♪大豆や煮干しを使うことでおやつにもたんぱく質をとりいれることができます。
♪煮干しの塩味があるので、しょうゆを控えめにすることで減塩できます。
♪ごま入れることで風味が増します。

 

1人分の栄養価

エネルギー  たんぱく質 脂質 炭水化物   カリウム  カルシウム 食物繊維  塩分
105kcal 8.1g 4.1g 6.7g 83mg  145mg  1.6mg  1.8mg   0.6g

 今回の"大豆と煮干しの田作り風"に使用した野菜の量(1人分)は、0g です。

 

献立の考え方 

主食、主菜(1品)、副菜(1~2品)を組み合わせると、バランスのよい食事が調います。

<主食・主菜・副菜とは>
主食・・・ごはん、パン、めん などの穀類
(炭水化物を多く含みエネルギーのもとになる)
主菜・・・主に 肉、魚、卵、大豆・大豆製品 などを使った料理
(たんぱく質や脂質を多く含み筋肉やエネルギーのもとになる)
副菜・・・主に 野菜、いも、海藻、きのこ などを使った料理
(ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含み体の調子を整える)

 

<適塩を心がけましょう!>
・ 塩分摂取目標量・・・1日8g未満です。
・ 減塩効果・・・心臓、血管、腎臓への負担を軽減し、胃がんのリスクを減らす など
<レシピの見方>
・ 1カップ・・・200ml
・ 大さじ1・・・15ml
・ 小さじ1・・・5ml
・ 分量・・・基本的には正味量(皮や種を除いた口に入る量)
 


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp