このページの本文へ移動

高額介護サービス費の基準が変わります

 高齢化が進み介護保険サービスを必要とする人が増え、介護費用が増大する中、サービスを利用している人と利用していない人との公平や、負担能力に応じた負担をお願いする観点から、同じ世帯のどなたかが住民税を課税されている人の負担の上限が37,200円(月額)から44,400円(月額)に引き上げられます。

対象

平成29年7月までの負担の上限(月額)

平成29年8月からの負担の上限(月額)

現役並み所得者に相当する人がいる世帯

44,400円(世帯) 44,400円(世帯)
世帯のどなたかが住民税を課税されている人 37,200円(世帯)

 

44,400円(世帯)

※同じ世帯の全ての65歳以上の人(サービスを利用していない人を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯に年間上限額(446,400円)を設定(3年間の時限措置)

世帯の全員が住民税を課税されていない人 24,600円(世帯) 24,600円(世帯)
世帯の全員が住民税を課税されておらず、前年の合計所得金額と公的年金収入額の合計が年間80万円以下の方等

24,600円(世帯)

15,000円(個人)

24,600円(世帯)

15,000円(個人)

生活保護を受給している人等 15,000円(個人) 15,000円(個人)

 高額介護サービス費とは

 1か月に支払った介護保険サービスの利用者負担の合計額が、負担の上限を超えたときに、超えた分が払い戻される制度です。


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 高齢者支援課
TEL/082-820-5605   FAX/082-855-0155
E-mail/korei@town.kumano.hiroshima.jp