このページの本文へ移動

体にやさしいレシピ~サバ缶そぼろ~

サバ缶そぼろ

 材料・2人分

(A)サバ缶詰(水煮)・・・1缶(190g)
(A)しょうが(チューブ)・・・3cm(5g)
(A)酒・・・大さじ1
(A)しょうゆ・・・小さじ1
(A)砂糖・・・小さじ1
みりん・・・小さじ1
ごま(粒)・・・小さじ1
 

作り方

1.煮る
鍋にAを入れて火にかける(中火)。木べらでサバをほぐしながら煮詰める。
2.仕上げ
1の水分がなくなってきたらみりんを入れて照りをだし、ごまをいれてよく絡ませる。
※みりんを入れると焦げつきやすいので注意する。

★健康メモ★
♪青背の魚は認知症予防につながるDHA、血液さらさら効果のあるEPAが豊富に
含まれています。
♪水煮缶詰は汁にDHA・EPAが流れでているので汁ごと使うのがおすすめです。
♪缶詰は保存のために塩分が高めになっているため、調味料の追加は少なめを心がけることで
減塩できます。
 

1人分の栄養価

エネルギー  たんぱく質 脂質 炭水化物   カリウム  カルシウム 食物繊維  塩分
273kcal 22.4g 16.4g 4.4g 282mg  29mg  1.3mg  0.3mg   0.9g

 今回の"サバ缶そぼろ"に使用した野菜の量(1人分)は、0g です。

 

献立の考え方 

主食、主菜(1品)、副菜(1~2品)を組み合わせると、バランスのよい食事が調います。

<主食・主菜・副菜とは>
主食・・・ごはん、パン、めん などの穀類
(炭水化物を多く含みエネルギーのもとになる)
主菜・・・主に 肉、魚、卵、大豆・大豆製品 などを使った料理
(たんぱく質や脂質を多く含み筋肉やエネルギーのもとになる)
副菜・・・主に 野菜、いも、海藻、きのこ などを使った料理
(ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含み体の調子を整える)

 

<適塩を心がけましょう!>
・ 塩分摂取目標量・・・1日8g未満です。
・ 減塩効果・・・心臓、血管、腎臓への負担を軽減し、胃がんのリスクを減らす など
<レシピの見方>
・ 1カップ・・・200ml
・ 大さじ1・・・15ml
・ 小さじ1・・・5ml
・ 分量・・・基本的には正味量(皮や種を除いた口に入る量)
 


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp