このページの本文へ移動

平成29年度後発医薬品使用促進計画について

平成27年4月1日から、生活保護を受けている方に対しては、院内処方で医師から後発医薬品の使用を促された場合には、原則として後発医薬品を使用していただくことになっています。

※院外処方では、処方医が後発医薬品への変更を可能としている場合、平成25年度から、原則として後発医薬品を使用していただいています。

後発医薬品の使用割合が一定以下である都道府県、市及び福祉事務所を設置する町村においては、取組を計画的に進めるため、後発医薬品の使用促進が低調である原因の分析や、対応方法の検討を行い、後発医薬品使用促進計画の策定を行うこととしています。

※平成29年度国が定める後発医薬品の使用割合目標値:75%


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町福祉事務所(民生課内)
TEL/082-820-5614