このページの本文へ移動

軽自動車税の税制改正について(平成29年度税制改正)

◎地方税法改正に伴い、グリーン化特例(軽課)について、特例措置が2年延長となりました。

 

 *重課については、平成28年度分以降、継続的に実施されます。

 

 

<対象課税年度>

平成30年度分および平成31年度分

 

 <適用条件>

 平成29年4月1日から平成31年3月31日までに新規取得した軽四輪車等で、次の基準を満たす車両について、当該取得をした日の属する年度の翌年度分の軽自動車税に限り、グリーン化特例(軽課)を適用します。

(1) 電気自動車・天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス基準または平成21年排出ガス基準10%低減達成)

(2) 乗 用:平成30年排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%低減達成、かつ平成32年度燃費基準+30%達成
          貨物用:平成30年排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%低減達成、かつ平成27年度燃費基準+35%達成

(3) 乗 用:平成30年排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%低減達成、かつ平成32年度燃費基準+10%達成
          貨物用:平成30年排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%低減達成、かつ平成27年度燃費基準+15%達成

 

種別

税率(年税額)

(1)

(2)

(3)

 軽三輪

1,000円

2,000円

3,000円

 軽四輪

 以上

 乗用

 営業用

1,800円

3,500円

5,200円

 自家用

2,700円

5,400円

8,100円

 貨物用

 営業用

1,000円

1,900円

2,900円

 自家用

1,300円

2,500円

3,800円

  ※(2)、(3)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。
  ※ 各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。
 


このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 税務課
TEL/082-820-5603   FAX/082-854-8009
E-mail/zeimu@town.kumano.hiroshima.jp