このページの本文へ移動

平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期予防接種になります

 B型肝炎のワクチンは、B型肝炎ウイルスに感染することを予防するためのものです。

B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命にかかわる病気を引き起こすこともあります。

ワクチンを接種することで、B型肝炎への抵抗力(免疫)ができます。免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、まわりへの感染も防ぐことができます。

予防接種についての説明をよく読み、体調のいいときに接種できるようにしましょう。

 

対象者

平成28年4月以降に出生した、生後1歳に至るまでの間にある者

<対象外になる人>

・HBs抗原陽性の母親から生まれた乳児で、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与の全部または一部を受けた人

・定期の予防接種が導入される以前に、任意接種ですでにB型肝炎ワクチンの接種を受けた人

※必要な接種回数である3回の接種を受けていない場合は、残りの回数は定期の予防接種として接種していただくことができます。

 

標準的な接種時期 

生後2か月~生後9か月に至るまでの期間

 

接種回数

合計3回皮下に注射する。

 

 基本的な接種方法

1回目:生後2か月以降に接種

2回目:1回目の接種から27日以上の間隔をあけて接種

3回目:1回目の接種から139日以上の間隔をあけて接種

 

副反応について

・接種箇所が赤くなったり、腫れたり、しこりができたり、痛みを感じたりすることがあります。

・注射したところだけでなく、熱がでたり、刺激に反応しやすくなったりすることがあります。

・いつもより機嫌が悪かったり、ぐずったり、眠そうにしたりすることがあります。

・極めてまれですが、アナフィラキシーや急性散在性脳脊髄炎などの思い病気にかかることがあるといわれています。

 

接種方法

接種したい医療機関へ直接予約しましょう。

予防接種を受ける時には(1)母子手帳(2)予防接種予診票(3)予防接種券を持参してください。

対象者の内、平成284月~7月生まれの方へは接種開始にあわせて個別通知を送付します。8月生まれ以降の方へは赤ちゃん訪問などでお渡しします。

 

4月・5月生まれの方は、接種日程管理が非常に重要になってきます。

接種スケジュールを立て、定期の接種回数である3回を接種できるようにしましょう。

その他、不明な点がある場合には、子育て・健康推進課までお問合せください。

 


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp