このページの本文へ移動

~けんこう通信4月号~
 朝ごはんを食べよう

食事

春になり、何か新しいことにチャレンジしたくなる季節です。充実した毎日を過ごすために、今回は朝ごはんに注目してみましょう。

◆朝ごはんはとても大切
 朝起きると頭がぼーっとしませんか?これは、寝ている間に体がエネルギーを使っているため、朝にはエネルギーが少なくなっているからです。脳はブドウ糖をエネルギーとして働いています。そのため、朝ごはんを抜いてしまうと脳のエネルギーが不足して、集中力の低下や記憶力の低下などにつながってしまいます。ブドウ糖はご飯やパンなどの主食からとることができます。朝ごはんのスタイルとして、主食と卵や野菜などのおかずを合わせて食べると良いといわれています。

◆忙しいときは
 朝は通学・通勤の準備で朝ごはんを食べる時間がないという方もいます。しかし、せっかく学校や職場へ行っても朝ごはんを食べていないとエネルギー不足でやる気や集中力が出ません。忙しい時もとにかく何か食べることを心がけましょう。「バナナと牛乳」でも、「コンビニのおにぎりを職場で食べる」でも良いです。家庭では、いつもご飯を準備しておくよう習慣づけたいところです。ご飯は飽きが来ず、色々なバリエーションで食べることができるので朝ごはんにぴったりです。

◆食欲がないときは
 体がだるく食欲がないときは朝ごはんを抜いてしまうという方もいます。しかし、朝ごはんを抜いてしまうと、エネルギー不足から疲れがとれず、余計に体がだるくなるという悪循環になってしまいます。体のだるさを解消するためにも、朝ごはんを食べることが大切です。おかゆやお茶漬けをサラサラと食べたり、大根をすりおろして食べても消化を助けます。

◆早ね早起き朝ごはん
 毎日朝ごはんを食べるためにも、早ね早起きで生活リズムを整えることが大切です。早ね早起き朝ごはんで充実した毎日を過ごしましょう。

 




このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp