このページの本文へ移動

けんこう通信
~今日からできる『健康生活』~

 住民健診や医療機関などで特定健診を受診されましたか?結果が届いたら、必ず内容を確認しましょう。

 1腹囲(体重) 2血圧 3中性脂肪 4血糖値、これらはメタボリックシンドロームの判定に関係するものです。これらの数値が基準値を超えていたり、前回の結果から悪化すると生活習慣病が進行していることもあります。

○メタボ予防~今日からできること~

メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防は、特別なことをするのではなく、無理なく続けられることを見つけることがポイントです。

□体重を定期的に測る

□近いところは歩いて行く

□うす味にする

□おやつ(間食)は量や内容を変える(低カロリー・低塩分なもの)

□休肝日(お酒を飲まない日)をつくる

□睡眠時間・休養時間をしっかり確保する

□たばこをやめる

など、自分にできそうなことに取り組んでいきましょう。

 

○特定保健指導(くまの健康教室)を利用しよう

特定健診を受診した結果、メタボリックシンドロームやその予備群に該当すると、特定保健指導を受けることができます。保健師や栄養士と一緒に、無理なく続けられる「健康生活」を考えてみませんか?

教室の内容は、毎日の献立に役立つ「からだにやさしいレシピ」の紹介と試食や、ノルディックウォーキングなどの、気軽に取り組める運動の体験です。

 

○健康相談・健康教室を活用しよう!

健診結果の見方など、わからない場合は健康相談に健診結果をお持ちください。

また、毎月、健康教室を開催しています。自分や家族の健康管理や生活習慣の改善のためにぜひご参加ください。

(健康相談・健康教室の日程は、保健行事予定をご参照ください)

○がん検診の結果について

検診の結果は、異常を認めず、わずかに異常を認める、要経過観察、要医療、要精密検査、治療中と出てきます。

要精密検査とは、今回の検診では疑わしいところがあるので、もう少し詳しく調べる必要があるということで、病気と診断されたわけではありません。しかしできるだけ早く、詳しい検査のできる医療機関を受診しましょう。また、病気が見つかったとしても、早期発見・早期治療により、病気が完治することもあります。

異常を認めずや要経過観察と判定された場合も、自覚症状や体調不良などがある場合は、必ず医療機関を受診しましょう。

 


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp