このページの本文へ移動

お祭り等に対する火災予防上の規制が強化されます

 平成25年8月に発生した京都府福知山市の花火大会火災を教訓に、平成26年8月1日からイベント開催時の火災予防対策に関する手続きが変わりました。 

お祭り等に出店される方へ

お祭り等の規模に関係なく、出店する露店等で火気器具を使用する場合は、次の2つが必要になります。

   ●消火器の準備    ●消防署への露店等の開設届出

露店等の開設届は、開催日の3日前までに催しを行う場所を管轄する消防署又は消防出張所に提出してください。

 ※対象となるのは、次のような催しです。

  ●神社で実施するお祭り ●町内会のお祭り ●大学での学園祭  など

露店などの開設届は広島市ホームページからダウンロードできます。 → 露店等の開設届

 

なお、次のように集合する者の範囲が個人的なつながりに留まるものは届出の対象とはなりません。

 ●家族や隣近所など面識のある者だけで行うバーベキュー

 ●幼稚園などで父母が主催するもちつき大会など、集まる者が限定される催し

※但し、これらの場合も、もしもの場合に備えて消火器などの消火準備をお願いします。

 

催しを主催される方へ

露店等の数が100店舗を超える大規模な屋外でのお祭り等のうち、消防署長が火災予防上危険であると認めるものは「指定催し」として指定します。

その「指定催し」の主催者には、次に掲げる事項が必要となります。

  ●防火担当者の選任

  ●火災予防上必要な業務に関する計画の提出

なお、火災予防上必要な業務に関する計画の提出は、催しを開催する日の14日前までに、催しを行う場所を管轄する消防署長に提出する必要があります。

また、14日前までに提出されなかった場合は、30万円以下の罰金に処される場合がありますので、ご注意ください。

 

 

問い合わせ先

広島市安芸消防署予防課(☎082-822-4349)

 

【関連リンク先】広島市ホームページ

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1404866849838/index.html


このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 総務課
TEL/082-820-5601   FAX/082-854-8009
E-mail/somu@town.kumano.hiroshima.jp