このページの本文へ移動

町長日記:湯崎広島県知事の熊野町訪問、
熊野町交通安全推進大会の開催

 湯崎県知事熊野町訪問

 平成26/5/24 湯崎知事が熊野町を訪問され、多くの町民の方々と交流されました。午前中は3月にオープンした「筆の駅」とふでりんホール(町民会館)で開催された「土曜くまのっこ」教室を見学されました。「土曜くまのっこ」教室では、大学生ボランティア、50名の子ども達と一緒にゲームに参加されました。

土曜くまのっ子のようす
「土曜くまのっこ」の様子

 午後からは役場会議室で「チャレンジトーク」が開催され、4組の住民の方が日々の活動、取組事例等を発表されました。会場には約150名の住民で満席になり、熱心に発表を聞いておられました。それぞれの発表事例に知事がコメントされ、発表者は知事のコメントにチャレンジ精神を新たにされていました。

チャレンジトークのようす
チャレンジトーク発表者のみなさんと知事

■発表者と発表事例
・渡邊大輔(わたなべだいすけ)さん(海上自衛隊員)~「東京パラリンピックをめざして」
・平尾貴子(ひらおたかこ)さん(主婦)~「パンを通じての地域交流」         
・植尾珠輝(うえおたまき)・田中乃愛(たなかのあ)さん(熊中2年)~「未来のなでしこジャパンをめざして」
・小野隼嗣(おのじゅんじ)・高本亜美(たかもとあみ)さん(熊東中3年)~「八寸について」


 「チャレンジトーク」終了後に、町民公室で県・町行政会談を行い、熊野町の行政全般について、知事と意見交換を行い、広島県と熊野町が今後、より一層の連携を図っていくことを確認しました。

行政会談の様子



 交通安全大会の様子

 平成26/5/25 町民会館において「熊野町交通安全推進大会」を熊野町・海田警察署主催で開催いたしました。この大会は「交通死亡事故ゼロ」連続日数が2000日を達成したことを受け開催したものです。
 熊野町では平成20年11月に交通死亡事故が発生して以来、交通死亡事故は発生しておらず、26年5月12日に「死亡事故ゼロ2000日」を達成しました。これは県内23市町の中で、現在最も長い記録であり、すばらしい記録であります。

大会の様子
式典の様子


 この記録は、交通安全協会熊野支部、各見守り活動団体、各自治会をはじめ多くのボランティア団体の皆様の平素の地道な活動のたまものであり、深く感謝を申し上げます。
 さて当日は、中川衆議院議員をはじめ多くのご来賓の臨席のもと、表彰式、講演会、保育園児お遊戯、県警音楽隊の演奏会などが行われ、多くの来場者が楽しんでおられました。

音楽隊の様子
県警音楽隊の素晴らしい演奏でした

 今後も、さらに気持ちを引き締め、交通死亡事故ゼロの記録を3000日、4000日と延ばしていきたいと思います。どうか皆様のご協力をたまわりたいと思います。

                

熊野町長 三村 裕史