このページの本文へ移動

毎月19日の“食育の日”の前後に、『体にやさしいレシピ』をご紹介します。

~3月のレシピ~
“大豆パンケーキ” 軽食

    

<材料・4人分>
 ホットケーキミックス ・・・200g
 卵・・・・・・・・・・・・・2個
 牛乳・・・・・・・・・・・・200ml
 蒸し大豆・・・・・・・・・・120g
 パセリ・・・・・・・・・・・4枝(40g)
 溶けるチーズ・・・・・・・・80g
 ケチャップ・・・・・・・・・大さじ2

<作り方>
 1.ボウルに卵を割りほぐし、牛乳、ホットケーキミックス、蒸し大豆を入れて混ぜ合わせる。
 2.ホットプレートを熱し(160~180℃)、(1)を流し入れ、その上にパセリを刻んで広げ、溶けるチーズをのせる。
 3.生地の表面が乾いてきたら、裏返して両面を色よく焼く。
 4.お皿にのせ、ケチャップをかけてどうぞ!

★健康メモ★
 ♪大豆には、カルシウムや鉄が多く含まれています。また、ポリフェノールの一種であるイソフラボンも多く、
   生活習慣病・骨粗しょう症・乳がん・前立腺がんの予防効果があるといわれています。
 ♪時間のないときなどに、素早く準備できるパンケーキです。野菜をプラスすれば食事代わりになります。
   次のような下ごしらえをして、好みで加えてください。
   ▸かぼちゃ、にんじん、さつま芋、じゃが芋・・・ゆでるか、電子レンジで加熱。
   ▸カラーピーマン・・・食べやすく切る。
   ▸ホールコーン・・・水気をきる。
   ▸ひじき・切り干し大根・・・戻して食べやすく切る。
 ♪春休みに、お子さんと一緒に作ってみてください。

<1人分の栄養価>

エネルギー

たんぱく質

脂   質 

炭水化物

カルシウム

     鉄    

食物繊維

   塩 分  

372kcal

17.0g

13.5g

45.2g

302mg

2.2mg

3.8g

1.7g

今回の“大豆パンケーキ”に使用した野菜の量(1人分)は、10g です。


 

★野菜たっぷり350(サン・ゴー・マル)★

 健康維持や生活習慣病予防のために、野菜を1日350g食べましょう!

目安は、小鉢で5皿です。たとえば、朝ごはんに野菜スープ野菜サラダ、昼ごはんにたっぷり野菜の肉いため、夕ごはんにたっぷり野菜のみそ汁根菜の煮物で、野菜料理が5皿になります。

 

献立の考え方

 

主食、主菜(1品)、副菜(1~2品)を組み合わせると、バランスのよい食事が調います。

<主食・主菜・副菜とは>
主食・・・ごはん、パン、めん などの穀類(炭水化物を多く含みエネルギーのもとになる)
主菜・・・主に肉、魚、卵、大豆・大豆製品などを使った料理(たんぱく質や脂質を多く含み筋肉やエネルギーのもとになる)
副菜・・・主に 野菜、いも、海藻、きのこ などを使った料理(ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含み体の調子を整える)

レシピの見方
・1カップ……200ml
・大さじ1……15ml
・小さじ1……5ml
・分量……基本的には正味量(皮や種を除いた口に入る量)


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp