このページの本文へ移動

食育インタビュー ★くまのみらい保育園の回★

テーマ:おにぎりパーティー

みらい保育園では11月8日に年長さんを対象に、栄養士・保育士さんによる食育活動をされました。
その様子を当日、取材させていただきました。

☆ねらい 
 半年間、お米が白いご飯になるまでの工程を体験し、収穫の喜びを感じながら自分で作ったおにぎりを感謝の気持ちでいただく。
 園庭で収穫した梅とみらい農園で収穫した赤しそで漬けた梅干も分けて、おにぎりに入れていただく。
 楽しい雰囲気作りをして仲良く楽しいパーティーを開催する。

当日は朝8時30分にお当番さんが米を研いで、14時から説明が始まりました。
田植え、水やり、稲刈り、稲こぎ、もみすり、玄米から精米の流れを道土井栄養士さん・佐々木保育士さん・小田保育士さんが
一つ一つ思い出しながら確認していくと、しっかり手を挙げて答える年長さん。さすがです。
みんなエプロンに三角巾姿もきまっていました。
 そしていよいよ、おにぎりパーティー開始!
男性保育士さんふたりも、かっこいいエプロン姿でみんなのお手伝い。炊き立てのご飯をラップにのせてもらうと
「いいにおーい」・「あつあつ!」の声が教室中にひろがりました。

        

   白米までの工程の実物               ラップでおにぎり作り♪

 具は梅干しだけ…初めてだったり、苦手な子どもたちも、「少しでいいから入れてみようか?」という先生からの応援に、
小さなかけらを入れていました。「すごいねーがんばったね。」みんなにほめられてとても嬉しそうでした。
みんなで作ったおにぎりのお味はもちろん  「おいしーい!」

            


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp