このページの本文へ移動

町長日記:
ふでりん結果報告、中学校の出前授業

ふでりんのけっかほうこく

 11月8日まで開催されていた「ゆるキャラグランプリ2013」が閉幕し、結果が発表されました。

ふでりんのしゅつじんしきのしゃしん あいさつするふでりんの写真
2013年9月17日に行われた「ゆるキャラグランプリ2013」への出陣式の様子

 「ふでりん」はエントリー総数1577キャラ中、27,678票を獲得し全国93位となり、100位以内の大健闘でした。広島県内では1位となりました。これも一重に皆さんの、ご支援、ご協力の賜物と感謝申上げます。
 
ふでりん」は熊野町の観光大使として、今後も頑張ってまいりますので、引続き皆さんのご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

 なお、12月1日から2月末まで、ヤマザキパンから「ふでりん」のパンが発売されます。「ふでりん」ロゴ入り商品は「仏円豆腐」に続いて二つ目で、皆さんも一度お試しください。

ふでりんぱんのしゃしん ふでりんとぱんのしゃしん

 

 

    

ちゅうがくせいのでまえこうざ

 11月に、熊野町中学校、熊野東中学校両校において、3年生を対象に50分間の出前授業を実施しました。
じゅぎょうのようす
 
町長に就任以来、熊野町の将来を担う子供達に直接、語りかけ、熊野町の町政、予算について感心を持ってもらいたいと考えていました。全校生徒を対象に実施したいのですが、授業で国のしくみ、地方公共団体しくみ等を勉強した3年生としました。熊野町の町政、予算を中心に講義しましたが、生徒は非常に熱心に聴講し、メモを取ってくれました。講義の後、多くの生徒から感想文が提出され、専門用語などがあり理解しづらい箇所もあったようですが、熊野町の町政、予算について「具体的に理解できた、興味が湧いた。」という感想を寄せてくれました。
こうぎのしゃしん
 講義の最後に、皆さんの基礎学力は広島県内トップクラスであり、自信を持って今後の進路を歩んで欲しいこと、読書の習慣は一生の大きな財産であり、身に付けて欲しいことをお願いしました。
 来年1月には、小学校4校を訪問し6年生を対象に、出前授業を実施する予定です。

 

熊野町長 三村 裕史