このページの本文へ移動

食育インタビュー ★熊野第四小学校の回★

 テーマ:みんなで「食育」たのしく「食育」

 6月の参観日に,1年生から4年生までの学年は食育授業が行われました。

 後日,金子みす子先生にインタビューをさせていただきました。

 

 ◆ きっかけを教えてください
 子どもたちと保護者の方の両方に,楽しく食育について知ってもらいたい!という願いから,

 参観日に食育授業を計画しました。

 

 ◆ どのような内容ですか?
 去年は5,6年生に食育授業をしてもらいました。

 今年度は,低・中学年のそれぞれの担任の先生に協力してもらい,食育授業を行いました。

 テーマや内容をそれぞれの学年に合うように考えて,授業の準備をしました。

 1年生のテーマは「バランスよくたべよう」。

 桃太郎の紙芝居では,ご飯だけ食べて行ったのでは力が出ない,

 赤・黄・緑の仲間をそろえると、元気が出て鬼をやっつけることができることを知りました。

 自分の苦手な食べ物がどの仲間の食べ物で,どんな働きがあるのか学びました。

 赤・黄・緑をそろえると元気が出ることを学び,頑張って食べようという意欲付けになりました。

 第4小食育風景1

 3年生のテーマは「大豆のみりょくをみつけよう」。

 大豆は別名「畑の肉」と言われるほどたんぱく質を多く含んでいます。

 大豆がいろんな食品に変身していく様子を楽しく学びました。

 加工品にも同様の栄養素が含まれていることを知り,

 それらをすすんで食べることがねらいです。

 子どもたちは大豆の魅力についてよく理解できたようです。


 保護者からは「楽しく学べた」「嫌いな物でも食べようとする姿勢が嬉しい」との感想が

 集まりました。

 第4小食育風景2

 2年生のテーマは「あさごはんを食べよう」

 4年生のテーマは「朝ごはんで目ざましスイッチオン」と朝ごはんの大切さを学びました。
 
 
♪♪ 編集者のあとがき ♪♪


 給食の食べ残しの量を調べる調査が10月にも行われ,低学年の食べ残しの量が減少したと

 金子先生も喜んでおられました。金子先生は,毎月『食育だより』を配布されています。

 旬の食育テーマを取り上げ,子どもたちの学びを保護者の方へも伝えられています。

 子どもたちの食育は,家庭と学校の両方で育まれています。

 保護者の方へ食育を伝える取り組みが,

 子どもたちの食育を豊かなものにしているのだと感じました。


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp