このページの本文へ移動

食育インタビュー ★ 初神保育園の回 ★

 テーマ:お米のおはなし  

  初神保育園では9月18日に年長さんと年中さんを対象に栄養士さんからお米をテーマに

  食育活動をされました。後日大田栄養士さんにインタビューをさせていただきました。

 

 ◆ きっかけを教えてください

 園の子どもたちはご飯が大好きです。

 それで以前からお米のお話をしてあげたいと思っていました。

話を聞く園児

 ◆ どのような内容ですか?

 まずは田植の写真をみせて「田植えをしたことある?」と聞きました。

 数人が「田植えを見たことあるよ!」「おじいちゃんやおばあちゃんがやっている!」と返事が

 あり、お米のぬいぐるみ(モデル)を使ってお米の構造(玄米から白米へ)をお話しました。

 その後、実物の稲を一緒に触ったり、匂いをかいだりしました。

おこめの話を聞く園児

 ◆ 子ども達の反応はどうでしたか?


 「緑のお米と茶色のお米がある!」など生育時期や稲の成熟度によって色が変化していことを

 感じたようです。「皮をむいだらいつものお米になったよ」と声があがり、

 食卓にあがる前のお米をイメージできるようになった様です。


 ♪♪ 編集者あとがき ♪♪

 大田栄養士さんは、給食後に子ども達が「今日はピカピカにご飯を食べたよ~」と

 言ってくれましたと笑顔で話され、嬉しさが伝わってきました。

 お米の話により子どもたちの中に食材を知る力や食への感謝が芽生えた様子ですね。


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp