このページの本文へ移動

  事業主の皆様へ
     ひとりでも労働者を雇ったら
                労働保険に入る義務があります。

 労働災害の治療には病院で健康保険証が使えません。労災保険未加入の場合保険料を遡って徴収するほか、労災保険給付に要した費用の40%~100%が事業主負担となることもあります。

○ 正社員はもとより、パート、アルバイト、臨時を含めて労働者を1人でも雇用している事業主は、労働保険(労災・雇用)
  に加入する義務がありますので、すぐに労働保険の加入手続きを行い、労働保険料を納付してください。
   (ただし、週所定労働時間20時間未満の労働者等は労災保険のみの加入となります。)


 労働保険は、労働者が業務中又は通勤時の事故による災害補償と失業した時の再就職活動中の生活保障をするものです。
 事業主の皆様には必ず加入いただくよう国が法律で義務付けており、労働保険に加入せず、働かせることは違法です。
 加入していない場合に、負傷した本人が、病院又は監督署へ訴え出て労災となるケースも多々あり、そうした場合には、前述のとおり事業主の多大な費用負担となります。労災事故が起こる前に、速やかに加入手続きをしてください。

○お問い合わせは
 ・広 島 労 働 局 総 務 部 労 働 保 険 徴 収 課
  (http://hiroshima-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/
  《〒730-8538 広島市中区上八丁堀6-30
                ☎ 082-221-9246》
 ・各   労   働   基   準   監   督   署
 ・各 ハ ロ ー ワ ー ク ( 公 共 職 業 安 定 所 )
 ・広  島  県  社  会  保  険  労  務  士  会
 ・(一社)全国労働保険事務組合連合会広島支部
 ・各  労  働  保  険  事  務  組  合
               へお気軽にご相談ください。


リンク



このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 地域振興課
TEL/082-820-5602   FAX/082-854-8009
E-mail/kanko@town.kumano.hiroshima.jp