このページの本文へ移動

緊急地震速報・Jアラート・防災行政無線について

緊急地震速報とは

緊急地震速報は、地震の初期微動(P波)が大きな揺れ(S波)より地中を進む速度が速いことを利用したもので、気象庁のシステムが自動的に地震の規模を推計し、震度5弱以上の強い揺れが予想された場合に震度4以上が予測される地域に対し発表されます。
きんきゅうじしんそくほうのながれ

                                    (気象庁ホームページより)

 

 

 

Jアラートや防災行政無線との関係は?

気象庁から発表された緊急地震速報は、総務省消防庁へと送られると、通信衛星を用いて送信され、防災行政無線を自動起動させます。これが全国瞬時警報システム(Jアラート)です。

じぇいあらーとがいようず

                                         (消防庁資料より)

 

 

 

緊急地震速報を受け取ったら

まわりの人に声をかけながら「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」ことが基本です。
屋内なら机の下などに隠れ頭を保護する,運転中なら緩やかにスピードを落として停止するなど、日ごろからいざという時の行動を考えておきましょう。

 

【注意!緊急地震速報の限界】

運営開始から改良が加えられていますが、万能ではありません。気象庁は、以下の4点について挙げています。

(1)時間的な限界
・時間的な限界として、緊急地震速報を発表してから強い揺れが到達するまでの時間は長い場合でも十数秒~数十秒となり、震源に近いところでは、速報の発表が強い揺れの到達に間に合わない場合があります。

(2)誤報の可能性
・1観測点のデータを使っている段階ではノイズなどにより速報を発表する可能性があります。(事故や落雷、機器の障害なども含む)

(3)地震規模などの推定の限界
・大規模な地震及び複数の地震が時間的・空間的に近接して発生した場合に、地震規模などを的確に推定できないことがあります。
・特に大規模な地震に対して推定精度の限界があります。(地下の断層の破壊の途中に速報を発表=断層の大きさと位置が未確定に)

(4)震度予測の課題
・統計的な距離減衰式による震度予測の精度や、表層地盤における増幅予測に限界があります。

以上のような点を理解した上で、適切に活用しましょう!


【参考】緊急地震速報について(気象庁HP)

www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/index.html 

 

 





関連情報

このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 総務課
TEL/082-820-5601   FAX/082-854-8009
E-mail/somu@town.kumano.hiroshima.jp