このページの本文へ移動

町長日記:
熊野トンネル・主要町道の工事進捗状況について

けんどう・くまのくろせとんねる

 (仮称)熊野黒瀬トンネルの進捗状況をお知らせします。
 このトンネルは全長約1,100メートル、新宮深原地区(環境センター付近)と東広島市黒瀬町を結ぶトンネルで、県道矢野安浦線の改良工事として実施されています。平成26年3月の開通を目指し、順調に工事は進捗しています。現在は960メートルまで掘削され、5月には全て貫通予定で、貫通後はトンネル内部の仕上げにかかります。
 また、黒瀬方面も順調に工事が進み、トンネル出口部分の道路が形を現し始めました。皆さんも車で通る際にご覧になってください。このトンネル開通の少し後に、東広島・呉自動車道も全線開通予定であり、熊野町から山陽自動車のアクセス時間、呉市の広、阿賀へのアクセス時間が大幅に短縮されます。
 なお、トンネル残土を活用した深原地区の町有地造成事業も順調に進捗し、平成26年3月の完成予定です。約17,000平方メートルの工業用地(主に物流系)を造成し、雇用の拡大、町の活性化を図ってまいります。

 熊野黒瀬トンネル熊野側入り口 熊野黒瀬トンネル黒瀬入り口
    
熊野方面から                     黒瀬方面から

できにわかわすみちゅうおうせん

 平成20年度から事業に着手してきました町道出来庭川角中央線が、平成25年度に完成し供用開始します。今年秋の開通を目指しています。
 この道路は熊野団地地区と出来庭地区を結び、西部地区の新たな交通ネットワークの強化および渋滞する県道矢野安浦線の交通分散化を目的にしています。

 町道:出来庭川角中央線 町道:出来庭川角中央線
  出来庭方面から                   団地(川角)方面から

ふかはらこうえんせん

 平成21年度から事業に着手してきました町道深原公園線(深原工区)が、平成25年度に完成します。平成25年度の早い時期に供用開始する予定です。
 今後は計画策定中の県道瀬野呉線バイパスと接続し、県道矢野安浦線と県道瀬野呉線を結ぶ基幹道路として整備します。
※新県道瀬野呉線バイパス
 建設中の熊野黒瀬トンネル入口から深原公園(東部健康センター)までを結ぶ約1kmの新県道で、平成25年度から地元説明会を開催し、本格的に事業着手します。

深原公園線 深原公園線

 

熊野町長 三村 裕史